上田電鉄が2021年3月28日全線運転再開へ。千曲川橋梁の復旧進む

1年半で復旧

上田電鉄別所線が、2021年3月28日に運転再開を目指すと発表しました。損壊した千曲川橋梁の復旧工事が順調に進んでいるようです。

広告

2019年台風で被害

上田電鉄別所線は、上田~別所温泉間11.6kmを結ぶ地方私鉄です。2019年10月の「令和元年東日本台風」(台風19号)の豪雨により、全長224mの千曲川橋梁のうち、左岸側の44mが崩落。現在も上田~城下間が不通です。

地元上田市は、上田電鉄から千曲川橋梁の譲渡を受けたうえで、国から実質的に97.5%の補助を受け、復旧に着手。現在は出水期のため工事を一時中断していますが、渇水期となる11月より工事を再開する予定です。

上田交通千曲川橋梁

1年半で復旧

今後の復旧予定について、上田電鉄はこのほど、2021年3月28日の全線開通を目指すと発表。年度末最後の日曜日を運転再開日とする方針を示しました。

予定通りに運転再開すれば、不通から約1年半で運転再開となります。鉄橋を破損したローカル線としては、迅速な復旧といえそう。旅行者としても再訪の日を楽しみに待ちたいところです。

広告
関連記事
前の記事ピーチ札幌~那覇線、仙台~那覇線の時刻表と価格。10/25初就航
次の記事「ローカル路線バスの旅Z第14弾」出演者がコメント。夏の北海道横断は成功するか