ホーム 廃止・引退情報 京阪「テレビカー」旧300...

京阪「テレビカー」旧3000系特急車両が2013年春に引退へ。関連イベントも実施。

シェア

京阪電気鉄道が、旧3000系特急車(現在は8000系30番台に改番)の引退を発表しました。

旧3000系は1971年にデビュー。「テレビカー」の愛称が付けられた京阪電鉄の伝統的特急車両です。車内冷房装置やカラーテレビ、世界初の一斉自動転換式クロスシートなど、当時の最先端のサービスを導入した車両でした。当時、京都~大阪間は阪急、国鉄との競争が激しく、それに対抗する豪華車両でした。

旧3000系
京阪電鉄旧3000系(写真:京阪電鉄ホームページ)

しかし、その後1989年に後継車両8000系が登場。旧3000系は1995年に大規模な更新工事が実施されました。中之島線が開業した2008年、「コンフォートサルーン」3000系の登場で車両番号を譲り、現在は8000系30番台として、1編成(8両編成)のみが運用されています。

京阪電気鉄道は最新の設備投資計画で、旧3000系特急車の来年春の引退を発表しました。この計画では、同時に、8000系のテレビも全て撤去することが決められており、戦後から続いた京阪特急伝統の「テレビカー」は姿を消すことになります。

京阪は、旧3000系の引退にともなって特設ウェブサイト「旧3000系特急車 -ラストランに向かって-」を開設しました。特設ウェブサイトでは、旧3000系特急車の運転予定時刻やイベント情報が掲載されており、コンテンツは今後も追加される予定。夏休み期間には、旧3000系の引退を記念した各種イベントやグッズ販売も行われるようです。

車両の引退にあわせて長期のイベントを行うというのは、最近始まった流れです。一般利用者が漸減傾向の私鉄にとって、鉄道ファン重視の経営姿勢なのかもしれません。


関連記事