ホーム ローカル路線バスの旅 ルイルイ・蛭子「ローカル路...

ルイルイ・蛭子「ローカル路線バスの旅」が新ルールで復活。因縁の余目から再開

「太川蛭子の旅バラ」新企画

ルイルイこと太川陽介と蛭子能収のコンビで人気を集めたテレビ東京の旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が、約2年4カ月ぶりに復活します。シリーズ最終回でギブアップした山形県・余目駅前からの再開です。

「太川蛭子の旅バラ」新企画

太川・蛭子の「ローカル路線バスの乗り継ぎの旅」は、「太川蛭子のバス旅2019」として、5月16日に放送されます。4月にスタートした「太川蛭子の旅バラ」(木曜後6・55)の新企画です。

新シリーズ第1弾のスタート地点は、山形県の余目駅。オリジナルシリーズ最終回となる第25弾(2017年1月2日放送)で由利本荘を目指していた一行が、旅の継続を断念しギブアップした因縁の土地です。今回の目的地は岩手県宮古市です。

旅バラローカル路線バス告知
画像:テレビ東京

1万円までタクシー利用可

テレビ東京のウェブサイトによりますと、今回の旅のおもなルールは以下の3つです。

(1)ローカル路線バスを乗り継いで一泊二日でゴールを目指す。
(2)ルートや宿などの情報収集はインターネット使用禁止。地図や時刻表、案内所や地元の人の聞き込み情報を元に決定。もちろん撮影交渉も自分達で!
(3)そして最大の変更点は、路線バスが繋がっていない区間は1万円までタクシー利用OK。どこでタクシーを使うかがゴール成功の運命を分けることも!?

オリジナルシリーズの3泊が、新シリーズでは1泊と短縮されたほか、(3)の「1万円までタクシー利用可」というのが、大きな変更点です。

番組発表の記者会見で、太川は新ルールについて、「タクシーを1万円までって言われても、その切り札をどこで使うか、丸々1本で使っちゃうのか、小分けにした方がいいのか、これが結構難しい」と打ち明け、「そのルールが新しく決まったことによって、前と違って大胆に攻めることもできる」と、新たな見どころを披露しました。

広告

マドンナは2人制

番組概要は以下の通りです。

【番組タイトル】太川蛭子の旅バラ 東北横断!ローカル路線バス乗り継ぎの旅
【放送日時】2019年5月16日(木) 18時55分~20時49分
【出演者】太川陽介 蛭子能収 かたせ梨乃 中川翔子
【同時放送】テレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送

上記のように、新シリーズ第1弾のマドンナはかたせ梨乃と中川翔子。どういう形で加わるのかは明らかではありませんが、「旅バラ」の傾向として、途中で入れ替わりになりそうです。

オリジナルシリーズでは、マドンナと3人一体でゴールを目指していたのですが、複数制になって、どういう変化が起こるかも注目点でしょう。(鎌倉淳)