東京~静岡を新幹線で格安旅行する方法【2024年版】格安チケット、割引きっぷを全網羅

使いやすいのは、あのきっぷ

東京~静岡を新幹線で安く行く方法について、2024年の最新情報を反映してまとめてみました。「ひかり」「こだま」について、基本的な割引きっぷから、ややマニアな買い方までご紹介します。

広告

東京・静岡価格比較

はじめに、東海道新幹線で東京~静岡を旅行する場合「ひかり」と「こだま」がありますが、価格は同額です。正規の指定席特急料金が6,470円、自由席特急料金は5,940円です。これがいわゆる「通常料金」です。

ゴールデンウィークなどの最繁忙期は指定席料金が400円増し、週末など繁忙期が200円増し、オフシーズンの平日など閑散期は200円引きになります。

東京~静岡間の新幹線の割引きっぷを、以下に表にしてまとめておきます。詳細は下のほうで説明していきます。

東京~静岡の新幹線価格比較(通常期)
きっぷ 価格
指定席通常価格 6,470円
自由席通常価格 5,940円
新幹線回数券(自由席用1枚あたり) 5,490円
EX早特1 5,490円
EX早特7 6,140円
EXこだまグリーン早特3 6,140円
株主優待割引(指定席) 5,170円
株主優待割引(自由席) 4,750円
ぷらっとこだま 5,400円
日帰りツアー 往復10,800円~
宿泊ツアー 往復15,000円~

 
静岡駅

広告

自由席を使う

まず、基本的なルールとして、自由席は指定席に比べて安いです。上述したように、指定席の正規価格は6,470円、自由席は5,940円です。これだけで指定席より約9%も安くなりますので、簡単ですが効果的な格安旅行法です。

自由席 5,940円

「ひかり」も「こだま」も自由席の価格は同じです。「ひかり」号は所要時間が約1時間と速いですが、自由席は5両。「こだま」は約1時間20分とやや遅いですが、自由席は8~10両。20分の差をどう考えるかですが、着席の確率を高めたいなら「こだま」を使うのもいいでしょう。

広告

スマートEX

「スマートEX」は、東海道新幹線のインターネット予約サービスです。会員制ですが、年会費は無料で、誰でも登録できます。手持ちの交通系ICカード(Suica、TOICA、ICOCAなど)を使って、チケットレスサービスも利用できます。

スマートEXサービスを使うと、「ひかり」「こだま」の普通車指定席が通常価格の200円引きで利用できます。

スマートEXには、独自の割引きっぷが設定されています。東京~三島間の割引きっぷには、以下のものがあります。

・EX早特1(1日前までの予約、自由席)5,490円※2024年3月16日利用より
・EX早特7(7日前までの予約、指定席)6,140円※2024年3月16日利用より
・EXこだまグリーン早特3(3日前まで、こだま限定)6,140円

「EX早特1」「EX早特7」は、2024年3月16日利用開始のチケットです。「EX早特1」は、回数券1回あたりと同額です。自由席のみの設定で、購入期限は前日です。

「EX早特7」は購入期限が7日前で、「ひかり」「こだま」の指定席が利用できます。

「EXこだまグリーン早特3」は、普通車指定席の定価よりも安い価格で、グリーン車に乗車できます。ゆったり移動したいときにはおすすめです。

エクスプレス予約

エクスプレス予約は、東海道新幹線の有料会員制インターネット予約です。無料会員制度はなく、年会費1,100円を払って会員登録しなければ利用できません。そのため、敷居が高いのですが、6,160円で普通車指定席が利用できます。

・エクスプレス予約 6,160円(有料会員のみ利用可)

エクスプレス予約では、上記の「EX早特1」「EX早特7」「EXこだまグリーン早特3」も利用できます。

広告

金券ショップで格安チケットを買う

新幹線に安く乗る方法として、金券ショップで「格安チケット」を探す人も多いでしょう。東京~静岡間では新幹線自由席回数券の設定があり、金券ショップでばら売りが販売されています。

ばら売り回数券では「ひかり」「こだま」の自由席に乗車することができます。払い戻しができないことと、ピーク時(4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~1月6日)に使えないことだけは気をつけてください。

価格は店により異なりますが、最近の相場は5,500円前後です。店によって、多少のばらつきがあります。割引率は普通車指定席の正規料金に対して15%程度、自由席に対して7%程度です。

・自由席回数券ばら売り 5,500円前後

JR窓口で新幹線回数券を買う

新幹線回数券は6枚セットです。もし、3人で往復旅行をするのなら、金券ショップにいかずとも、JR窓口で回数券を買うこともできます。回数券は3ヶ月間有効なので、そのあいだに1人で3往復する予定がある場合でも、回数券はお得です。

JR窓口での自由回数券の定価は、6枚綴り32,940円で、1枚当たり5,490円です。自由席の正規料金に対する割引率は約8%。指定席の正規料金に対する割引率では15%程度です。金券ショップでこれより安く買えるなら、そちらのほうがいい場合もあります。

・自由席回数券定価 32,940円(1枚あたり5,490円)

広告

JR東海株主優待券

JR東海の株主優待券を利用すれば、1枚につき運賃・料金が10%割引になります。2枚まで同時使用できますので、東海道新幹線が20%引きで利用できます。東京~静岡では、指定席が5,170円、自由席が4,750円です。

・株主優待割引(指定席) 5,170円[要株主優待券2枚]
・株主優待割引(自由席) 4,750円[同上]

株主優待券は金券ショップなどで購入でき、相場は1枚900円程度です。900円で2枚入手した場合、指定席が6,970円、自由席が6,550円となります。これでは定価より高くなってしまうので、使う意味がありません。

株主優待券をもともと持っている人は別ですが、東京~静岡間の場合、金券ショップで購入してまで利用する価値はなさそうです。

広告

ぷらっとこだま

東海道新幹線の格安チケットの定番が「ぷらっとこだまエコノミープラン」。JR東海ツアーズという旅行会社が出している商品です。東京~静岡が5,400円で、通常価格より17%安くなっています。

その名の通り、「こだま」しか乗れません。「こだま」では、東京~静岡は約1時間20分かかります。「ひかり」は約1時間ですから、所要時間は約1.3倍です。

・ぷらっとこだま普通車指定席(通常期)5,400円

前日までに購入しなければならない、JRの駅の窓口では購入できない(JR東海ツアーズのネット予約のみ)、列車変更などができない、などの制限があります。ゴールデンウィークなどのピーク期は設定除外日となります。利用期間の制限がなく、設定座席数も多く、使いやすいでしょう。

広告

JR日帰りツアー

往復の新幹線がセットになった日帰り専用の旅行商品(パッケージツアー)です。JTBなどが取り扱っています。1名から利用可。「ひかり」も利用できます。

新幹線指定席往復で10,800円~

片道あたりなら5,000円~6,000円程度で、東京~静岡間を日帰り利用できるので、お得です。日帰り旅行なら、「ぷらっとこだま」よりもこちらがおすすめかもしれません。ただし、利用できる列車は限られます。通信可能なスマートフォンが必要です。電子クーポン付き。

宿泊パッケージツアー

宿泊をともなう旅行の場合、往復の新幹線と宿泊がセットになった旅行商品(パッケージツアー)を使えばお得です。

JTBの「ダイナミックパッケージMySTYLE」、日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セットプラン」などがあります。

サイト上で予約・決済し、きっぷは新幹線駅構内にある指定席券売機で受け取れます。

・新幹線指定席往復+ホテル1泊で15,000円程度~

新幹線の往復正規価格に2,000円ほどを足せば、宿泊がついてきます。立地や設備のいいホテルだと少し高くなりますが、それでも18,000円程度出せば、そこそこのホテルに泊まれます。1名利用の場合は、2,000円ほど高くなります。

時間帯のいい列車は値段が少し高くなります。出発前日まで予約でき、一部は当日予約も可能です。

【公式】JTBダイナミックパッケージMySTYLE [PR]
【公式】日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」 [PR]


広告

乗車券の分割購入

最後に、やや裏ワザ的な買い方として、乗車券を分割購入する方法があります。

[運賃]
東京~蒲田 230円
蒲田~東神奈川230円
東神奈川~戸塚230円
戸塚~静岡 2,310円
合計3,000円

分割購入乗車券+新幹線特急券(指定席) 6,060円

乗車券を通算で買うよりも、410円安くなります。分割購入は、JRの駅窓口でまとめて買えばそれほど面倒ではありませんが、JRの運賃制度に詳しい方以外にはおすすめしません。

広告

まとめてみると

東京~静岡間の新幹線に驚くような格安チケットはありません。比較的使いやすく安いのが「EX早特1」でしょうか。前日までの販売で、自由席券が約8%割引の5,490円です。「ぷらっとこだま」より少し高いですが、変更自由の使いやすさがあります。指定席がお好みなら「ぷらっとこだま」の5,400円が安いです。

観光や宿泊を伴う旅行ならツアーも検討しましょう。JTB、日本旅行などが、新幹線と宿泊がセットになったプランを販売しています。(鎌倉淳)

【公式】JTBダイナミックパッケージMySTYLE [PR]
【公式】日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」 [PR]


広告
前の記事エイトライナー、メトロセブンはいつ開業できる? 「環八、環七地下鉄」の大構想
次の記事青春18きっぷ、東海道線乗り継ぎが便利に。熱海~浜松間の直通列車が大幅増