ホーム 新型車両 京阪「プレミアムカー」を増...

京阪「プレミアムカー」を増備。有料座席指定車ブームに追い風か

日中の全特急列車に連結

シェア

京阪電気鉄道は、有料座席指定車「プレミアムカー」について、3000系車両にも導入すると発表しました。これにより、日中の全特急列車にプレミアムカーが設置されることになります。

昼間の全特急に連結

「プレミアムカー」は、京阪電鉄が2017年8月から導入している座席指定特別車両で、現在、8000系車両の全編成(8両×10編成)の6号車に連結しています。

京阪電鉄は、2020年度に、新たに3000系車両の全編成(8両×6編成)の6号車に「プレミアムカー」を導入すると発表しました。これにより、10分間隔で運転している昼間の特急車両すべてに「プレミアムカー」が連結されることになります。

京阪3000系プレミアムカー
画像:京阪電鉄プレスリリース

乗車率は堅調

3000系の「プレミアムカー」の基本的な客室仕様は8000系と同じです。ただ、デザインは異なり、3000系の「紺」「白」「銀」の組み合わせを活かし、扉周辺には「金」色をあしらいます。

京阪3000系プレミアムカー
画像:京阪電鉄プレスリリース

京阪3000系プレミアムカー
画像:京阪電鉄プレスリリース

座席数は8000系と同じく40席で、2+1配列。8000系のプレミアムカーは既存車両を改造しましたが、3000系用のプレミアムカーは新造します。

京阪電鉄プレミアムカー
画像:京阪電鉄プレスリリース

「プレミアムカー」は全車指定席で、区間に応じて400~500円の座席指定料金がかかります。それでも利用者の人気は高く、現在、平日は6割、休日は8割程度の乗車率と堅調です。今後、団体客も乗車できるようなサービスの導入も目指すということです。

広告

JR西日本は「Aシート」

京阪神エリアでは、JR西日本も新快速に新たな着席サービスとして「Aシート」を2019年春に導入することを決めています。「Aシート」は当初2編成のみの導入で、試験的な要素が強いですが、京阪同様、乗車率が堅調なら今後拡大されていくとみられます。

通勤電車への新たな有料座席指定車導入は、関東でも西武鉄道や東急電鉄で行われており、いまやブームの様相を呈していきました。京阪「プレミアムカー」の拡大は、こうしたブームの追い風になるかもしれません。

利用者にとっては、一般車両の混雑がひどくなるなら敬遠したくなりますが、選択肢が増えることを歓迎する人も多そうです。(鎌倉淳)


関連記事