「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」第11弾は4/6放送。箱根~秩父で激突!

奇跡のルート?

テレビ東京系列の水バラ「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」の第11弾が2022年4月6日に放送されます。神奈川県・箱根湯本~埼玉県・秩父で対決。バスチームには、太川陽介、松嶋尚美、misono、鉄道チームには村井美樹、西村瑞樹、牧野ステテコの3人が参加しました。(文中敬称略)

広告

3時間半の長尺で

「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」は、ローカル路線バスを乗り継ぐチームと、ローカル鉄道を乗り継ぐチームが対決する旅番組です。

その第11弾として2022年4月6日に放送されるのが、「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅 神奈川・箱根湯本~埼玉・秩父」。3時間半という長尺のスペシャル版で、「歩いて歩いて大逆転SP」と銘打っています。

「ルイルイ」こと太川陽介率いるバスチームと、「鬼軍曹」こと村井美樹率いる鉄道チームが、関東地方を舞台に乗り継ぎ対決します。バスチームのメンバーは、太川陽介、松嶋尚美、misonoの3人。鉄道チームは村井美樹、西村瑞樹(バイきんぐ)、牧野ステテコの3人です。

バスvs鉄道対決旅第11弾
Ⓒテレビ東京

ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 バスvs鉄道 第11弾 歩いて歩いて大逆転SP
【出演】太川陽介、松嶋尚美、misono、村井美樹、西村瑞樹(バイきんぐ)、牧野ステテコ
【放送日】2022年4月6日(水) 18時25分~21時54分(テレビ東京系列)

広告

勝ち越しを賭ける戦い

前回はバスチームが勝利して5勝5敗としました。今回は両チームが勝ち越しを賭ける戦いとなります。

スタートは神奈川県の箱根湯本。そこからバスチームはローカル路線バスを、鉄道チームはローカル鉄道を乗り継ぎ、2日間でゴールの埼玉県・秩父ミューズパークを目指します。チェックポイントの数や場所は明かされていませんが「1個200円の卵と搾りたての生醤油で食べる究極のTKGに、地元で大人気の赤いウマ辛ラーメン」と告知されています。

番宣動画を見ると、「富士山越えの難ルート」とのあおり文句が踊り、乙女峠とおぼしき道路が映っているので、箱根から富士山麓へ向かうルートの様子。このルートはバスなら本数がありますが、鉄道ではアクセスしにくいでしょう。一方、ゴールの秩父は、鉄道アクセスが良いものの、路線バスでつながりにくいエリアです。

広告

5都県をまたぎ

箱根から富士山を経て秩父となると、神奈川県、静岡県、山梨県、東京都、埼玉県の5都県をまたぎます。これだけの距離を、複数のミッションをこなしながら、わずか2日間でどう乗り継ぐのかが見どころになりそうです。

番組告知によると、「バスと歩きで、誰も思いつかない奇跡のルートを発見する太川」とあり、「奇跡のルート」が気になります。対する鉄道チームは「泥臭い根性でチームを引っ張り、敵を翻弄する村井」とあり、いつものように歩きまくる姿が目に浮かびます。

「勝負は抜きつ抜かれつ、両者譲らずの大接戦!」というお約束の宣伝文句を信じるならば、最終局面まで勝敗がわからない様子。放送が楽しみです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事「えきねっと」が機能強化。Googleマップ連携、JR東海でも受け取り可能に
次の記事JR三ノ宮新駅ビルの概要。地上32階、神戸の新ランドマークに!