「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決」第2弾が1/29放送へ。太川・村井が秩父~日光で再戦!

「鬼軍曹」と再対決

太川蛭子の旅バラで好評だった「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決」の第2弾が放送されます。太川、村井の両リーダーはそのままに、メンバーをかえて秩父~日光で再戦します。(文中敬称略)

広告

ローカル路線バスとローカル鉄道

「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決」は、テレビ東京系の番組「太川蛭子の旅バラ」の企画として、2019年11月13日にオンエアされました。ローカル路線バスを乗り継ぐチームと、ローカル鉄道を乗り継ぐチームが対決する番組です。

この第2弾として2020年1月29日に放送されるのが「水バラ ローカル路線バスVSローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅 秩父~日光」。太川陽介率いるバスチームと、村井美樹率いる鉄道チームが、秩父~日光間で乗り継ぎ対決します。

バスチームのメンバーは、太川陽介、土屋アンナ、内山信二の3人。鉄道チームは村井美樹、馬場ももこ、じゅんいちダビッドソンの3人です。

第1弾では、バスチームのメンバーは太川陽介、蛭子能収、南明奈の3人、鉄道チームが村井美樹、スギちゃん、西野未姫の3人でした。蛭子さんのバス旅卒業もあって、第2弾ではリーダー以外のメンバーを総入れ替えします。

バス旅リーダーとしておなじみの太川に対し、「鬼軍曹」と称せられた村井が、鉄道チームのリーダーとして定着する形となりました。

ローカル路線バスVSローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅 秩父~日光
画像:テレビ東京番組告知より

水バラ ローカル路線バスVSローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅 秩父~日光
【出演】太川陽介、土屋アンナ、内山信二、村井美樹、馬場ももこ、じゅんいちダビッドソン
【放送日】2020年1月29日 18時55分~(テレビ東京系列)

広告

ローカル路線バスとローカル鉄道

スタートは西武秩父駅、ゴールは日光東照宮です。バスチームが使っていいのはローカル路線バスのみ。鉄道チームが使っていいのはローカル鉄道のみです。ただし、両者とも1万円までタクシーが利用できます。

バス旅の視点でいえば、北関東はローカル路線バスの乗り継ぎが難しいエリアです。鉄道旅の視点でいえば、秩父鉄道から東武伊勢崎・日光線を乗り継げばいいだけです。

そう考えると鉄道旅が有利そうですが、途中に2つの観光地を経由しなければならない、というルールがあり、その位置によって難易度が大きく変わりそう。

番組告知の動画を見ると、秩父鉄道のほか、わたらせ渓谷鉄道とおぼしき車両が登場しますので、一筋縄ではいかないルートになっているようです。

「勝負は、前回をはるかにしのぐ、抜きつ抜かれつの大接戦!」とのこと。オンエアが楽しみです。(鎌倉淳)

広告