LCC 航空 航空会社 飛行機旅行

ジェットスターが福岡~バンコク~シンガポール線を開設へ。福岡から初のバンコク行きLCC。成田~バンコクも接続。

ジェットスターが福岡~バンコク~シンガポール線の路線開設を発表しました。就航日は2014年6月27日です。

ジェットスターの福岡・バンコク・シンガポール線の時刻表は以下の通りです。

広告

ジェットスター・福岡~バンコク線時刻表

福岡1030→バンコク1415→シンガポール1840 ※火・木・金は5分早着
シンガポール2250→バンコク0215→福岡0930

福岡発の時間帯はいいですし、バンコクも夜遅くまで遊んで飛行機に乗って眠れるパターンです。悪くありません。

ジェットスターは東京(成田)~福岡線も就航していますので、福岡乗り継ぎでバンコクへ行くことも可能。シンガポールへも行けますが、2度の降機となるのでそれは大変かも。

成田からバンコクへの乗り継ぎ時刻表は以下の通りです。

ジェットスター

ジェットスター・成田~バンコク接続時刻表

成田0645→0840福岡1030→1415バンコク
バンコク0215→0930福岡1105→1255成田

福岡での乗り継ぎは悪くないので、定時運航なら東京からもそれなりに使えるスケジュールです。

就航記念運賃は、福岡~バンコクが1990円。東京(成田)からの福岡乗り継ぎ便が片道 10,680円(燃油・諸税込18,650円)。あわせて1000席限定で発売。その後も、2月24日までは片道16,680円(燃油・諸税込片道 24,650円)のセール運賃で販売するとのことです。セールの搭乗期間は9月2日~10月25日です。

今後の価格ですが、変動運賃なのでなんともいえませんが、セール運賃から推定すると通常は成田~バンコクが諸経費込み片道3万円以上になりそうです。この価格だと、成田からわざわざ接続で乗る価値は少なそうです。

機材はA320で、毎日運航です。運航はジェットスター・アジアが行います。航空券は2月19日から販売を開始します。福岡からは初のLCCのバンコク便です。

-LCC, 航空, 航空会社, 飛行機旅行

  あわせて読みたい