ウィラーが高速バス全路線運休。新型コロナウイルスの流行で

高速バスも運休の嵐

ウィラーが、共同運行を除く高速バスの全路線を運休します。新型コロナウイルスの流行によるものです。

広告

4月30日まで全便運休

高速バス大手のウィラーは、同社が運行する高速バスWILLER EXPRESSについて、4月4日~30日まで全便を運休すると発表しました。新型コロナウイルス感染拡大の現状を踏まえた措置としています。

ウィラー

5月1日以降は6月30日まで約20路線について予約販売していますが、政府・自治体等の方針などを踏まえ変更になる場合があり、今後も状況に応じて運休が拡大する可能性があるとしています。

共同運行路線「成田シャトル」「羽田空港・横浜~静岡線」は運行方針を協議中です。7月1日以降の便については、チケットの販売を当面見合わせます。

広告
関連広告
前の記事JR四国が陥った袋小路。国交省は経営自立を求めるが
次の記事札沼線の「さよなら運転」は全車指定席に。臨時列車も設定、時刻表も掲載!