ホーム 新幹線・特急 「はやぶさ」「こまち」に自...

「はやぶさ」「こまち」に自由席なし。指定券なしで乗る方法は?

「立席特急券」を覚えておこう

東北新幹線「はやぶさ」号、秋田新幹線「こまち」号は全車指定席で、自由席はありません。これからの夏の混雑時、これらの列車に指定券なしで乗るにはどうしたらいいのでしょうか。

全車指定席

東北新幹線「はやぶさ」号「はやて」号と秋田新幹線「こまち」号は、ともに全車指定席。自由席がありませんので、自由席特急券で乗車することはできません。指定席が売り切れてなかったら、指定席券を買って乗りましょう。

ただ、「はやぶさ」「こまち」の指定席は売り切れやすく、満席になることも珍しくありません。そのとき、どうしたらいいのでしょうか。実は、満席の「はやぶさ」「はやて」「こまち」に乗車する方法はあります。以下でご紹介しましょう。

「はやぶさ」「こまち」

立席特急券を使おう!

「はやぶさ」「はやて」「こまち」といった全車指定席の列車の指定券が売り切れていて、立ってでもその列車に乗りたいときは、「立席特急券」を購入しましょう。立席特急券は、全車指定席の列車で、指定席が満席になったときにのみ発売される特急券です。

立席特急券を購入すれば、その列車の指定席が全部売り切れていても、車両のデッキに立って乗車できます。

東京・大宮~仙台以北を立席特急券で乗車する場合は、乗車する列車と車両が指定されます。自由席特急券と違って、好きな列車の好きな号車に乗ることはできません。

広告

満席になったら発売される

立席特急券は、当該列車が満席になった時点から発売が開始されます。指定席に空きがある場合は、発売されません。

発売場所はJRのみどりの窓口です。乗車日の前日以降は、指定席券売機でも発売されます。インターネットの予約サイト「えきねっと」では発売されません。

立席特急券の1列車あたりの発売枚数は決められています。売り切れることはめったにありませんが、最繁忙期の人気列車では売り切れることもあります。

発売枚数が決まっていますので、デッキですし詰めになったりするようなことはありません。

立席特急券の価格は、通常期の指定席の特急料金から520円を引いた額です。たいして安くないので、「格安旅行」のツールではありません。

自由席との違い

立席特急券と自由席特急券の違いを整理すると、立席特急券では全車指定席の列車に乗ることができますが、自由席特急券では全車指定席の列車に乗ることはできません。

一方、立席特急券は、定められた1つの列車にしか乗ることができませんが、自由席特急券は当日のどの列車の自由席に乗ることも可能です。

東北新幹線では東京~盛岡間の「やまびこ」号に自由席が連結されていますので、「はやぶさ」が満席の場合で、盛岡以南の旅なら「やまびこ」自由席を利用するという方法もあります。

広告

仙台~盛岡間の特例

「はやぶさ」「はやて」は、仙台~盛岡間で自由席特急券で乗れる場合があります。仙台〜盛岡間に停車駅のある「はやぶさ」「はやて」で、同区間内のみを利用する場合は、自由席特急券で普通車指定席の空席に着席できます。

仙台~盛岡間がノンストップの「はやぶさ」には、この制度は適用されません。

盛岡以遠の特例

盛岡~新函館北斗間の「はやぶさ」「はやて」や、盛岡~秋田間の「こまち」において、同区間のみを利用する場合は、満席でなくても「特定特急券」を発売します。

特定特急券では、普通車指定席の空席に着席できます。また、列車あたりの発券枚数の制限は実質的にありません。特定特急券の価格も、通常期の指定席の特急料金から520円を引いた額です。

「はやぶさ」号や「こまち」号は、夏休みなど繁忙期には、指定券が取りづらくなりますが、こうした制度を上手に活用したいところです。