ホーム 新規開業・工事 相鉄・JR直通線の全列車時...

相鉄・JR直通線の全列車時刻表。2019年11月30日開業ダイヤを掲載!

新宿~海老名44分!

相鉄・JR直通線の時刻表が発表されました。2019年11月30日の、開業ダイヤです。新宿~海老名間に1日46往復が運転されます。

西谷~羽沢横浜国大間が開業

相鉄・JR直通線は、相模鉄道西谷駅と羽沢横浜国大駅を結ぶ2.7kmの新線です。相鉄とJR線の列車が相互直通運転をして、新宿~二俣川間を最短44分で結びます。一部列車は、埼京線にも乗り入れて、武蔵浦和、大宮、川越まで直通します。開業日は2019年11月30日です。

相鉄とJR東日本は、2019年9月6日に、相鉄・JR直通線の開業時の時刻表を発表しました。直通列車は1日あたり46往復の運転で、朝ピーク時は毎時4本、それ以外は毎時2~3本程度の設定です。

列車種別は特急と各駅停車の2種類。特急は相鉄線内で、大和、二俣川、西谷に停車します。特急運転は相鉄線内のみで、JR線内では全ての列車が各駅停車となり、武蔵小杉、西大井、大崎、恵比寿、新宿に停車します。

相鉄・JR直通線
画像:JR東日本プレスリリース
広告

相鉄・JR直通線の開業ダイヤ時刻表

相鉄・JR直通線の、2019年11月30日の開業ダイヤによる、全列車の時刻表は以下の通りです。

相鉄・JR直通線時刻表

相鉄・JR直通線
画像:相鉄プレスリリース

広告

新宿~海老名間890円

最速の所要時間は、二俣川~新宿間が44分、大和~渋谷間が45分、海老名~武蔵小杉間が36分です。相鉄は12000系電車、JR東日本はE233系電車がそれぞれ充当されます。列車は10両編成で、グリーン車はありません。

運賃は新宿~海老名間で890円(IC874円)、新宿~大和間が840円(同822円)、新宿~二俣川間が780円(同769円)、新宿~羽沢横浜国大間が570円(561円)などとなっています。

定期券を利用する場合、横浜経由(乗り換え)と羽沢横浜国大経由(相鉄・JR直通線)では価格が異なります。新宿~二俣川間の通勤定期1か月を例に取ると、横浜経由が25,200円、羽沢横浜国大ルートが24,760円です。

複数ルート定期券は発売されません。定期券の経由と異なる路線を利用する場合、別途運賃が必要になります。