旅行総合研究所タビリス

旅行総合研究所タビリスは、日本と世界を旅する人のための観光情報サイトです

クルマ レンタカー 観光 道路

格安レンタカーを借りるときの注意点まとめ。「安い」という評判だけで借りるのではなく、ビジネスモデルを理解しよう

最近増えているのが格安レンタカー。12時間2500円~3000円程度が基本料金になっています。大手よりも半額程度の低価格レンタカーは魅力。とはいえ、安いには理由があるものですから、借りるときには注意しましょう。「安い」という評判だけに踊らされて借りるのは、いろんな意味でキケンです。

広告

格安レンタカーはなぜ安いのか?

格安レンタカーの安い理由を考えてみましょう。まず、格安レンタカーは営業所がガソリンスタンドや整備工場などになっています。これはフランチャイズを活用しているからで、ガソリンスタンドなどが副業としてレンタカーを営業しているのです。ですから、コストが抑えられます。

車両も新車でなく、かなり年季の入った中古車を活用しています。整備や洗車などもガソリンスタンドなどが行いますので、その費用も抑えられます。また、最終給油もそのガソリンスタンドで行うように義務づけられている場合も多く、給油による利益も上げられます。

さらに、基本料金は低価格ですが、カーナビや免責補償などのオプション料金は別途です。オプション料金は安くはありません。こうした「オプション商売」は格安航空会社LCCと似ている部分があります。

さて、こういうビジネスモデルを知った上で、格安レンタカーを利用しましょう。以下、格安レンタカーを借りるときのコツと注意点を解説します。

格安レンタカー

車両の質を気にしない

格安レンタカーは中古車両を貸し出すのが基本です。走行距離10万キロ超というようなクルマを貸し出されることもありますが気にしないように。車内の清掃はたいていきちんと行われていますし、ちゃんと走れば問題ありません。

長距離利用には用いない

最近のクルマは古いクルマより格段に燃費性能が上がっています。そうでなくてもクルマは古くなると燃費が落ちやすくなります。そのため、長距離利用するなら、燃費のいい新しいクルマを貸してくれる大手レンタカーを利用した方が、ガソリン代で有利になる可能性が高いです。

そもそも、古い車両での長距離利用にはトラブルの不安もあります。格安レンタカーの使用は、せいぜい1日か2日の、近隣観光地巡りにしておきましょう。

カーナビは付けない

カーナビのオプション料金は1日1000円程度。レンタカーの基本料金に比べて割高です。しかも、貸し出されるオプションカーナビは小型でいまいち、ということも多い様子。ならば、最近はスマホでカーナビ機能がありますので、それで十分でしょう。

広告

送迎を受ける場合は時間に余裕を持って

レンタカーを借りるときに、駅や空港に迎えに来てもらうことも多いですが、この送迎も大手レンタカーのように迅速、というわけにはいきません。格安レンタカーの営業所は人手が限られていますし、送迎回数を減らしたいという意向もあるようで、迎えがすぐ来るとは限りません。

また、レンタカーを返却した後、駅や空港に送迎してもらうときはさらに要注意。返却後、速やかに送ってくれるとは限りません。飛行機の出発時刻ギリギリに返す、なんてことはしないように。

利用前に写真を撮ろう!

格安レンタカーでよく耳にするトラブルが、「車体に傷が付いたので、修理費用を支払え」などといわれること。利用者からしたら、身に覚えがない場合もあるようです。

そういうトラブルを避けるには、車体の傷チェックを出発前に入念に行うことが大事。レンタカー会社の提示する傷チェックの書類にサインするときにきちんと確認し、細かい傷も全て図に書き入れておきましょう。また、自分のカメラで車体の写真を撮っておくと安心です。

ガソリンは最終給油前に入れておく

ガソリンを指定給油所で最後に給油して下さい、と言われることもあります。貸出場所がガソリンスタンドの場合は、そこが指定給油所のケースも多いです。ただ、指定給油所はガソリンの価格が高い場合もあります。その場合は、指定給油所に行く前に、安いガソリンスタンドでほぼ満タンにしておくといいでしょう。

指定給油所のガソリン単価が高くても、少量しか入れないなら影響はあまりありません。もちろん、素晴らしいクルマを格安で貸してくれたのなら、感謝の意味を込めて指定給油所でたくさん入れるのもいいでしょう。

返却時間には要注意

大手レンタカーの場合は、返却時間を10分や15分遅れてもほとんど問題はありません。しかし、格安レンタカーは遅延時の延長料金をしっかり取るケースも多いようです。そのため、返却時間には余裕を持って、時刻は厳守しましょう。また、借りるときは、料金表を確認して、同一価格なら目一杯の時間を借りておくといいでしょう。

広告

店舗により大きな差がある

格安レンタカーは、フランチャイズ制度を取っています。そのため、店舗によって対応がものすごく違います。いい店舗にあたると、クルマは古くても良く整備・清掃されていて、店員の対応もよく、「格安だけれど素晴らしい!」という体験を味わえます。こうした店舗も多いですのでご安心を。

しかし、一方でひどい店舗があるのも事実のようです。ぼろぼろの汚いクルマを投げるように貸し出され、あげく「傷がついた」などと言われたりすることもあるようです。こればかりは行ってみないとわからないのですが、クルマを先に見せて貰って、清掃が行き届いていないな、と思ったら警戒しておきましょう。

初心者は借りないほうが?

格安レンタカーの車両は古く、たとえ整備がしてあっても、ちょっとした車両トラブルが起きる可能性もあります。また、タイヤの溝が基準ギリギリの場合もあります。こうしたクルマでも、ベテランドライバーなら何とか対処できるものですが、初心者ドライバーにはちょっとつらいかも。初心者は車両の新しい大手レンタカーのクルマを運転した方が安心でしょう。

大手のキャンペーン価格とも比較しよう

格安レンタカーは安いとはいっても、カーナビを付ければそれなりの価格になります。大手レンタカーでもキャンペーンをしたり、会員価格で提供したりと、手頃な価格で借りられる工夫をしてきています。

また、最近は楽天トラベルやじゃらんレンタカーなどの予約サイトで大手レンタカーを安く借りられることもあります。こうした予約サイトや大手レンタカーウェブサイトも見て、比較をした上で借りましょう。

じゃらんレンタカー

格安レンタカーは、上手に使えばとてもコストパフォーマンスがいい上に、大手レンタカーが存在しないような立地でもクルマを借りることができ、とても便利です。上述したように、対応のいい店舗に当たれば、これほど素晴らしいシステムはないと感じられることでしょう。

一方で、せっかくの旅が台無しになるような体験をしている人もいます。カジュアルユースには格安レンタカーはオススメできますが、大事な大事な旅の場合には、大手レンタカーを使ったほうがいいかもしれません。

-クルマ, レンタカー, 観光, 道路
-

  あわせて読みたい