茨城空港アクセス道路の実力は? 6月16日全通、高速道路に直結!

三郷~空港が54分

常磐道と茨城空港を結ぶ「茨城空港アクセス道路」が6月16日に全通します。空港利用者の利便性が改善します。

広告

常磐道~茨城空港

茨城空港アクセス道路の未開通区間である小美玉市竹原~竹原中郷間の約2kmが、2021年6月16日14時に開通することが発表されました。これにより、常磐道石岡小美玉スマートIC~茨城空港間の12.6kmが全通します。開通後の全区間の所要時間は約15分です。

常磐道三郷ICからの所要時間は54分となり、これまでの70分から16分短縮します。三郷以遠の東京方面からも、同様の短縮となります。

茨城空港アクセス道路は一般道路なので信号はありますが、片側2車線の余裕ある設計で、渋滞のリスクは小さそうです。石岡市内の渋滞に巻き込まれることがなくなり、時間が読みやすくなるのも、利用者にとって大きなメリットでしょう。

茨城空港アクセス道路
画像:茨城県

東京駅から1時間30分に

茨城空港~東京駅間には、関東鉄道が高速バスを運行してきました。新型コロナウイルス感染症の影響で運休中ですが、所要時間は東京発の下りが1時間40分、空港発の上りが2時間30分となっています。

茨城空港アクセス道路の開通後の時刻表は公表されていませんが、当然10分程度の時間短縮は可能でしょう。さらに、定時性の向上が見込まれ、東京から茨城空港が、より使いやすくなりそうです。

広告
関連記事
前の記事エアドゥ=ソラシド、合併で羽田発着枠3位に。スカイマーク抜く
次の記事ANAがLCCピーチと共同運航へ。活用法を考えてみる