旅行総合研究所タビリスは、日本と世界を旅する人のための旅行情報サイトです


バス 船・フェリー 船旅 高速バス

「愛媛・大分バス&フェリー切符」が発売。松山~大分間の新ルートが2017年夏季限定で登場!

松山~大分間を高速バスとフェリーを乗り継いで旅行できるきっぷが、2017年7月~8月限定で登場します。愛媛県と大分県の共同事業で高速バスの試験運行を実施。この夏は、四国と九州を結ぶ新ルートが楽しめそうです。

広告

大分県と愛媛県の共同事業

愛媛県と大分県の間には、3つのフェリー航路がありますが、バスや鉄道といった公共交通機関を乗り継いで移動するには、乗り継ぎが悪く不便です。

そこで大分県は、両県の県庁所在地を直結する交通手段を作ることをめざし、フェリーと接続する高速バスの新路線を考案。愛媛県に試験運行を提案し、共同事業で実施されることになりました。

試験運行路線は、松山市駅~八幡浜港が伊予鉄道の高速バス、臼杵港~大分が大分バスの高速バスです。八幡浜港~臼杵港のフェリーに接続する形で1日2往復が設定され、松山~大分間を約5時間半で結びます。

その乗り継ぎきっぷとして、「愛媛・大分バス&フェリー切符」が発売されます。

愛媛大分バスフェリー

バスとフェリーを短時間で乗り継ぎ

現時点でも、松山~八幡浜港、臼杵港~大分へのバスは存在しています。また、八幡浜港は八幡浜駅から徒歩30分またはバス5分、臼杵港は臼杵駅から徒歩10分と、いずれもフェリーターミナルの立地としては便利なほうです。

ただ、フェリーと陸上交通機関との接続が良いとはいえず、両県庁所在地を陸路と海路で移動するのは便利とはいえませんでした。

今回の試験運行では、八幡浜港での接続時間を25分、臼杵港での接続時間を15分としてダイヤが設定され、バスとフェリーが短時間で乗り継げるように配慮されています。

広告

「愛媛・大分バス&フェリー」の概要

「愛媛・大分バス&フェリー切符」の概要と、試験運行の時刻表、価格、期間は以下の通りです。

「愛媛・大分バス&フェリー」試験運行の時刻表

■松山→大分
松山市駅07:45→09:15八幡浜港09:40→12:05臼杵港12:20→13:15大分
松山市駅13:40→15:10八幡浜港15:35→18:00臼杵港18:15→19:10大分

■大分→松山
大分07:30→08:25臼杵港08:50→11:10八幡浜港11:25→12:55松山市駅
大分14:20→15:15臼杵港15:40→18:00八幡浜港18:15→19:45松山市駅

*大分は乗車がトキハ前、下車がフォーラス前
*松山~臼杵、大分~八幡浜の区間利用も可能

「愛媛・大分バス&フェリー切符」価格

・松山市~大分 片道5,000円
・松山市~臼杵港 片道3,900円
・大分~八幡浜港 片道1,600円

子どもはいずれも半額です。往復割引はありません。

「愛媛・大分バス&フェリー」試験運行の期間

試験運行の実施期間は2017年7月8日~8月27日で、土・日・祝日のみの設定です。

今回は期間限定ですが、需要と採算性などを判断した上で本格運行を検討するそうです。

高速バスとフェリーの相性はいい

港まで乗り入れることができる高速バスと、フェリーの相性は、本来悪くありません。高速バスがフェリーターミナルまで直通する形の「高速バス&フェリー」が広まると便利ですし、新しい旅の選択肢となります。四国と九州の都市間移動手段は限られていますし、両県には、ぜひ、本格運行を願いたいところです。

究極的には、同じバスがそのままフェリーに乗り込み、乗客は船室から船旅を楽しめれば、なお素敵です。そうしたプランも期待しておきます。(鎌倉淳)

広告

広告

-バス, 船・フェリー, 船旅, 高速バス

  あわせて読みたい