ホーム 新型車両 新型車両E353系「スーパ...

新型車両E353系「スーパーあずさ」の時刻表。E351系はどうなる?

1日4往復で営業運転

シェア

JR東日本は、中央本線の新型特急車両E353系を、2017年12月23日から運転を開始すると発表しました。当初は1日4往復の「スーパーあずさ」がE353系で運転されます。

広告

3編成で運転開始

E353系は、老朽化したE351系電車の更新用に開発された新型車両で、2015年7月に12両編成1本(基本9両+付属3両)の量産先行車が製造されました。

その後、走行試験を経て、量産車の製造に着手。2017年12月23日までに3編成(3両と9両が各3編成)を完成させ、営業運転に投入します。

E353系
画像:JR東日本長野支社プレスリリース

荷物置場を7両に設置

量産車と量産先行車の違いとしては、量産先行車の一部車両に導入のみされていた動揺防止制御装置を全車両に導入。一方、量産先行車の各号車に設置されていた車体間ダンパは、量産車では設置されませんでした。

また、量産先行車にはなかった荷物置場が、量産車で12両中7両(1・3・5・7・9・10・12号車)に設けられました。外国人観光客の増加に対応するもので、スーツケースなどを置きやすくします。

客室設備としては、全席にノートパソコンを置けるテーブルと電源コンセントを設置。空気ばね式車体傾斜装置を導入し、これまでのE351系に比べて左右の揺れが少なくなります。

広告

E353系「スーパーあずさ」時刻表

E353系で運転される「スーパーあずさ」は、2017年12月23日当初で4往復です。所要時間はこれまでと変わりありません。時刻表は以下の通りです。

■下り(新宿→松本)
スーパーあずさ1号 新宿07:00→09:39松本
スーパーあずさ11号 新宿10:00→12:31松本
スーパーあずさ23号 新宿16:00→18:34松本
スーパーあずさ29号 新宿18:00→20:42松本

■上り(松本→新宿)
スーパーあずさ4号 松本06:51→09:26新宿
スーパーあずさ18号 松本13:02→15:33新宿
スーパーあずさ22号 松本14:49→17:26新宿*
スーパーあずさ36号 松本20:00→22:36新宿
*土休日は2分早着

E351系の今後は?

E353系は、当面この4往復での運転ですが、JR東日本は約2年かけて増備していくとしています。そのため、徐々にE353系での運転列車が増えていき、2年後には全ての定期「あずさ」「かいじ」がE353系に一本化される予定です。

更新されるE351系の今後については、JR東日本から正式発表はありません。転用などの情報はいまのところなく、波動輸送用に限定されるとすれば、これからはE351系がレアな価値を持つことになるかもしれません。

E257系もE353系によって置き換えられる方針で、大部分が「踊り子」に転用されます。(鎌倉淳)


関連記事