「商船三井フェリー」「フェリーさんふらわあ」に株主優待券。北海道、九州へ割引価格!

格安旅行に使えそう

「商船三井フェリー」と「フェリーさんふらわあ」に株主優待制度が導入されます。1回の利用に対して5,000円を割り引くもので、格安旅行に使えそうです。

広告

フェリー共通クーポン券

商船三井は、グループ会社の商船三井フェリーとフェリーさんふらわあが運航するフェリーで利用できる「フェリーサービス共通クーポン券」を株主優待として提供することを発表しました。

クーポン券(株主優待券)1枚に付き、フェリーの旅客運賃から5,000円を割り引きます。大人1名1乗船につき1枚の利用で、有効期間は1年間です。

優待券は毎年1回の発行で、9月末日に100株以上を保有している株主が対象。1,500株以上の保有は2枚、3,000株以上は3枚となります。

商船三井では、2020年にもこのクーポン券を株主優待として送付したことがありますが、それを制度化した形です。

さんふらわああいぼり
画像:商船三井
広告

25 ~50%割引

株主優待の対象となる商船三井フェリーは、大洗~苫小牧間の運航です。最安値のツーリストクラスの価格は時期により9,800円~19,200円となっています。

フェリーさんふらわあは、大阪~別府、神戸~大分、大阪~志布志間を運航しています。7月以降の大阪~別府と神戸~大分のツーリストクラスの価格は8,040円~15,160円、大阪~志布志は11,410円~20,410円です。

これらから5,000円引きとなると、おおむね25~50%程度の割引となります。インターネット購入による割引(5~10%引き)に比べると、だいぶお得です。

流通相場は?

株主優待券は金券ショップやネットオークションなどで流通するとみられます。過去に発行されたものは、1,000円~3,000円程度で販売されています。インターネット割引よりも安くするという視点に立てば、2,000~3,000円程度が相場になりそうです。

フェリーにはさまざまな割引制度が用意されていますので、そうした制度と比べながら、株主優待という選択肢も考慮に入れるとよさそうです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事水バラ「BINGO対決旅第3弾 北海道」は6/1放送。北の大地で激突!
次の記事JR東海、新幹線車両の4割をN700Sに。19編成の追加投入を発表