「静岡駅~甲府駅」が高速バスで2時間切る。中部横断道開通で

新ルートで再出発

中部横断自動車道の静岡~山梨区間の開通にあわせて、静岡駅~甲府駅間の高速バスが運転を再開します。所要時間は2時間を切り、JR特急「ふじかわ」との差が広がります。

広告

新ルートで運行

しずてつジャストラインと山梨交通は、2021年8月29日から、高速バス「静岡甲府線」(竜王・甲府~静岡線)の運行を再開すると発表しました。同路線は、土休日のみ運行で、新型コロナウイルス感染症の影響で運休していましたが、同日より再開します。

再開後の「静岡甲府線」は、中部横断道を使った新ルートで運行します(29日午後便から)。同日に、中部横断道の静岡~山梨区間が全通することにあわせたものです。

これにより、静岡駅前~甲府駅の所要時間はこれまでの最短2時間10分から、最短1時間55分となります。15分の時間短縮で、同区間の高速バスが2時間を初めて切ることになります。

2012年の運行開始当時は2時間48分かかっていたので、比べると53分も短縮したことになります。一般道区間が短くなるので、定時性も向上することでしょう。

「静岡甲府線」(竜王・甲府~静岡線)の時刻表は以下の通りです。

高速バス静岡甲府線
画像:山梨交通
高速バス静岡甲府線
画像:しずてつジャストライン・山梨交通

「ふじかわ」より安く速く

静岡~甲府間には、JRの特急「ワイドビューふじかわ」も走っています。「ふじかわ」の所要時間は最短2時間14分で、2時間17~18分程度が標準的です。これまでは高速バスと互角でしたが、これからは高速バスより約20分程度、時間がかかることになります。

運賃で比較すると、高速バスは片道2,600円ですが、JR特急は4,170円(自由席)です。高速バスは、JR特急「ふじかわ」より安く速いわけで、価格面でも所要時間でも優位に立ちそうです。

運転本数については、高速バスが土休日に1日2往復に対し、特急「ふじかわ」は毎日7往復あり、JRが有利です。ただ、新型コロナが収束した後は、高速バスの増便も予想されます。

高速道路の開通で、高速バスがJR在来線特急より優位に立つ例は、全国で枚挙に暇がありません。静岡~山梨間でも、同じような状況が起こるのでしょうか。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事「フルムーン夫婦グリーンパス」が発売40周年。2021年の期間、価格を発表
次の記事「ローカル路線バスの旅 陣取り合戦」第5弾 茅野~上田城は9/1放送。村重杏奈が登場!