しながわ水族館がリニューアル、イルカショーは終了へ。2027年度オープン!

品川らしさを重視

東京都のしながわ水族館が建て替えてリニューアルします。新施設ではイルカの飼育をせず、イルカショーも終了します。

広告

都内初のイルカショー

しながわ水族館は、品川区が整備した公立水族館です。京急大森海岸駅近く、しながわ区民公園に立地します。1991年の開業以来、株式会社サンシャインエンタプライズが運営を受託しています。

開業当時の広告表現は「しながわにイルカが舞う!」で、イルカショーが見られる都内初の水族館として人気を集めました。しかし、近年の入館者数は下落傾向で、ピークの4分の1となる約40万人程度にとどまります。

開設30年を経たことで施設は老朽化しており、修繕・維持に多額の費用がかかることから、現施設を取り壊し、新施設を建設することでリニューアルすることが決まりました。

しながわ水族館

広告

品川らしさを重視

新施設の展示理念は「しながわ区民公園の自然と調和し、水中感あふれる展示」です。品川らしさを重視し、東京湾の展示に力を入れ、近隣の水族館にはない、最新の水中感あふれる美しい展示を計画します。

現施設は、子どもの利用者が多いのが特徴ですが、新施設では子どもから高齢者まで、幅広い世代が興味を持つ展示を展開します。

新施設は、現施設に近接する形で建設されます。レストハウス、ショップ棟は現施設を活用します。

しながわ水族館地図
画像:「しながわ水族館リニューアルの
方向性について」(品川区)より
広告

イルカショーは終了

大きく変わるのは、新施設でイルカの飼育をしないということです。イルカショーも現施設の閉館にあわせて終了します。

イルカショーは現施設の目玉展示で、開館当時は都内唯一だったこともあり、高い人気を誇りました。しかし、2005年、品川駅近くに、大規模なイルカショーをおこなうエプソンアクアスタジアム(現アクアパーク品川)が開館。同じ京急沿線には、1993年に日本最大級のイルカ水槽を擁する八景島シーパラダイスもオープンしています。

このため、しながわ水族館の「都内初のイルカショー」という独自性は、すでに失われています。また、しながわ水族館のイルカ飼育施設は小さく、新施設でも大きく拡充することは難しいという事情もありました。

さらに、近年の動物保護の流れとして、イルカショーに対する世界的な視線は厳しくなっています。公立水族館が新たに取り組むべきことではないとして、イルカの飼育そのものを終了することになりました。

しながわ水族館

葛西臨海水族園もリニューアル

新施設の規模は約5,000平方メートルです。現本館とアザラシ館をあわせた延床面積は 約4,000平方メートルですので、現施設に比べて約1.2倍となります。

詳細な設計などはこれからで、品川区では2023年度に運営事業者と設計者を公募する予定です。現施設近くに新施設を完成させてから展示を移す方針で、リニューアル中の閉鎖期間は短く済みそうです。新施設は2027年度にオープンする予定です。

東京都内では、都立葛西臨海水族園も建て替えが決まっていて、2028年3月にオープンする計画となっています。しながわ水族館が2027年度オープンとなれば、ほぼ同時期に、東京湾奥の二つの公立水族館が、その姿を一新することになります。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事「中山秀征の秘境路線バスの旅」に河合郁人が登場。「陣取り」未踏の栃木県へ
次の記事山陽線・岡山エリア227系の概要。新型車両で青春18きっぷの旅が快適に