「四季島」「瑞風」はプラレールでも豪華。東西クルーズトレインが発売決定

2020年6月25日発売

プラレールに東西のクルーズトレインが登場します。「TRAIN SUITE 四季島」と「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」をモデルにしたプラレール車両の発売が決定しました。実物同様、プラレールでも豪華仕様です。

広告

6両編成、プラキッズ乗車可能

タカラトミーは、プラレールの「クルーズトレインDXシリーズ」として、JR東日本のクルーズトレインを再現した「TRAIN SUITE 四季島」と、JR西日本のクルーズトレインを再現した「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を発売します。

「クルーズトレインDXシリーズ TRAIN SUITE 四季島」は6両編成。先頭車がライト付きの動力車で、4両目(ラウンジカー)は、スイッチの切り替えで車内灯(LED点灯)を再現しています。プラキッズが2体付いており、2、3、5両目はボディを展開しプラキッズ乗車可能です。

プラレール四季島
画像:タカラトミー レールは別売

プラレール四季島
画像:タカラトミー プラキッズは2体付き

プラレール四季島
画像:タカラトミー 展望席を開いてプラキッズを乗せられる

プラレール四季島
画像:タカラトミー プラキッズ2体付き

広告

展望車にもプラキッズ

「クルーズトレインDXシリーズ TWILIGHT EXPRESS 瑞風」も6両編成。先頭車がハイパワーライト付きの動力車で、2〜6両目にはプラキッズを乗せて遊ぶことができます。こちらはプラキッズが3体ついています。展望車にもプラキッズを乗せられるという楽しい仕様です。

プラレール瑞風
画像:タカラトミー レールは別売

プラレール瑞風
画像:タカラトミー 車両を開いてプラキッズを乗せられる

プラレール瑞風
画像:タカラトミー 寝台で横になるプラキッズ

プラレール瑞風
画像:タカラトミー 先頭車に乗ったプラキッズ

プラレール瑞風
画像:タカラトミー プラキッズ3体付き

JR東西のクルーズトレインをモデルとしたプラレール車両が同時発売で、どちらも6両編成、プラキッズが乗車可能なように作り込んでいます。贅を尽くしたクルーズトレインは、プラレールでも豪華ということでしょうか。

メーカー希望小売価格は5,000円(税別)と、プラレール車両の価格としてはお高めですが、仕様を考えればお得感があるかも。発売予定日はどちらも6月25日です。

タカラトミーモール「TRAIN SUITE 四季島」
タカラトミーモール「TWILIGHT EXPRESS瑞風」
icon
icon

広告
関連広告
前の記事鹿児島市電「観光路線」延伸計画のルートはどうなるか。ウォーターフロントへ4つの案
次の記事東海道・山陽・九州新幹線、苦心の減便ダイヤ。異例の25分停車も