市が尾駅~羽田空港の高速バスが登場。横浜北西線経由で最短40分。時刻表も掲載!

青葉区民に朗報

市が尾駅と羽田空港を結ぶ高速バスが運行を開始します。首都高速横浜北西線経由で、所要時間は最短40分です。

広告

1日4往復

東急バスと京急バスは、東急田園都市線市が尾駅と羽田空港を結ぶ高速バスを、2022年3月1日に開設します。

市が尾駅から羽田空港第1ターミナルまでの所要時間は40分~45分。第3ターミナルまでは55分~60分です。1日4往復で、朝4便は市が尾駅から羽田空港まで直行、夕夜間4便は羽田空港から新横浜駅を経由して市が尾駅まで運行します。

新横浜経由便は、羽田空港第1ターミナルから市が尾駅まで62分です。

時刻表は以下の通りです。

市が尾・羽田空港バス
画像:東急バスプレスリリース
広告

ほとんど高速道路

市が尾駅は首都高速横浜青葉出入口に近く、駅から高速までの信号は1カ所のみ。出発したらすぐに高速道路に乗ることができます。そのまま湾岸線までつながっていますので、市が尾駅~羽田空港のほとんど全ての区間で高速道路を走行します。したがって、定時性、速達性に優れる路線となるでしょう。

横浜北西線が開通した2020年以降、地元青葉区から路線開設の要望が出ていて、バス会社側がそれに応えた形といえます。市が尾駅~羽田空港の運賃は、大人1,150円、小児580円です。

市が尾・羽田空港バス
画像:東急バスプレスリリース

青葉区から羽田空港アクセスが便利に

田園都市線では、市が尾駅の3駅隣のたまプラーザ駅から羽田空港へ高速バスが運行しています。たまプラーザ駅~羽田空港第1ターミナル間が最短45分。朝ラッシュ時でも60分程度で、市が尾駅と比べて大差はありません。

運賃も同額ですし、たまプラーザ周辺在住者は、これまで通りたまプラーザ~羽田空港のバスを利用しそうです。

一方、青葉台など青葉区エリア在住者は、より近い市が尾駅から羽田行きのバスに乗れますので便利になりそう。利用状況がよければ将来的に全時間帯運行に拡大されるかもしれません。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事「アンカレジ乗り継ぎ」が日米路線の新ルートに。LCCノーザンパシフィック航空が成田線など就航へ
次の記事神戸電鉄粟生線「急行廃止」の現状。2022年3月ダイヤ改定、利用者減が深刻に