「京成線ワンデーパス」を4~5月に発売。成田スカイアクセス線含め、1日乗り放題

1日2000円

京成電鉄が、京成線全線が乗り放題になる「京成線ワンデーパス」を発売します。成田スカイアクセス線にも乗車できます。

広告

成田スカイアクセス線も乗車可

京成電鉄は、「京成線ワンデーパス」を4月1日~5月10日に発売します。京成線全線が乗り放題で、成田スカイアクセス線にも乗車できます。ただし、北総線内(京成高砂~印旛日本医大)は乗り降りできません。

価格は大人2000円、子ども1000円。京成線各駅の自動券売機で、乗車日当日に購入できます(東松戸、新鎌ケ谷、印旛日本医大は除く)。

京成線ワンデーパス
画像:京成電鉄

「おでかけきっぷ」よりは高いけれど

京成電鉄の1日乗車券として最近発売されたものとしては、2020年夏に設定された「京成沿線おでかけきっぷ」があります。任意の3日間が3000円で1万枚限定の発売でした。

それに比べると、1日2000円はだいぶ高く感じますが、3日も出かけないという人も多いでしょうし、販売枚数に制限もないので、気楽に予定を立てられそうです。

広告
関連広告
前の記事近鉄奈良線、大和西大寺~近鉄奈良間移設計画の詳細。平城宮跡を迂回
次の記事「新快速で行ける」奥伊吹スキー場、過去最高の入場者数を記録。関西を代表するゲレンデに