JR東海ツアーズが全店舗休業。「びゅうプラザ」も首都圏で休業

ネット予約は継続

JR東海ツアーズが、新型コロナウイルス感染症拡大にともない、当面、全店舗を臨時休業します。びゅうプラザも、首都圏の店舗を休業しています。どちらもネットの申し込みは可能です。

広告

1月19日から閉店

JR東海ツアーズは、1月19日(火)より、店舗(店頭営業、電話受付、きっぷうりば)を当分の間、臨時休業します。すでに予約済の商品については、コールセンターやウェブフォームで問い合わせを受け付けます。

JR東海ツアーズのウェブサイトでの旅行商品の申し込みは継続します。「新幹線ダイレクトパック」や、「ぷらっとのぞみ」「ぷらっとこだま」のクーポン類(JR乗車票など)については、東海道新幹線専用改札口付近にある「JR東海の指定席券売機」で受け取れます。店舗での受け取りはできなくなります。

それ以外の、同社旅行商品、JR乗車票・クーポン券類の受け取りは郵送のみとなり、申し込み締め切りは6日前までになります。他社商品の予約は新規受付を中止します。

東海道新幹線

「びゅう」は10店舗休業

JR東日本系列のびゅうトラベルサービスは、「びゅうプラザ」店舗について、首都圏1都3県の店舗で、1月12日から期間を定めずに臨時休業しています。対象は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県にある10店舗です。

その他の地域のびゅうプラザは、営業時間を短縮し、来店予約制としています。

「びゅうパッケージツアー」と「ダイナミックレールパック」は、ウェブサイトから申し込みが可能で、JR乗車票・クーポン券類を駅の指定席券売機で受け取ることができます。

広告
関連記事
前の記事JALパックが前年比90%まで回復。11月旅行会社の取扱状況
次の記事東海道・山陽新幹線「新幹線回数券」廃止区間全リスト。主要区間は存続