東海道・山陽新幹線「新幹線回数券」廃止区間全リスト。主要区間は存続

東京・新大阪発着も削減

東海道・山陽新幹線で設定されている「新幹線回数券」の設定区間が縮小されます。ただ、東京~新大阪など主要区間は存続となりました。その概要を見てみましょう

広告

86区間を廃止

JR東海とJR西日本は、東海道・山陽新幹線の「新幹線回数券」について、2021年3月31日を以て、一部区間の設定の販売を終了すると発表しました。

廃止されるのは、「グリーン車用」が3区間、「普通車指定席用」が18区間、「普通車自由席用」が65区間です。合計86区間で、具体的には以下の区間です(都区内、市内発着の記述は省略)。

2021年3月で廃止される新幹線回数券リスト

種類 区間
グリーン車用 東京 静岡
京都
新神戸
普通車
指定席用
東京 静岡
浜松
西明石
小倉
名古屋 西明石
福山
小倉
京都 徳山
新山口
小倉
新大阪 徳山
新山口
新神戸 徳山
新山口
姫路 小倉
博多
福山 小倉
博多
普通車
自由席用
東京 三河安城
新横浜 掛川
浜松
米原
小田原 三島
新富士
掛川
浜松
豊橋
京都
新大阪
熱海 名古屋
新大阪
三島 豊橋
京都
新大阪
新富士 京都
新大阪
静岡 京都
掛川 浜松
京都
新大阪
浜松 三河安城
米原
豊橋 京都
新大阪
三河安城 名古屋
京都
新大阪
岐阜羽島 米原
京都
米原 新大阪
京都 西明石
新大阪 新神戸
西明石
相生
新倉敷
新尾道
三原
新神戸 西明石
姫路
相生
新倉敷
三原
西明石 岡山
福山
広島
姫路 福山
相生 岡山
岡山 新倉敷
三原
徳山
新山口
新倉敷 広島
福山 徳山
新山口
広島 新岩国
新岩国 小倉
博多
徳山 新山口
新下関
新山口 新下関
厚狭 小倉
博多
新下関 小倉
広告

グリーン車用

グリーン車用は、これまで、東京を発着地に、静岡、名古屋、京都、新大阪、新神戸、岡山、広島が設定されてきましたが、静岡、京都、新神戸を廃止。東京発着で残るのは名古屋、新大阪、岡山、広島の4区間となります。

京都・新大阪・新神戸~小倉・博多も存続しますので、計10区間が存続です。

普通車指定席用

普通車指定席用は、これまで東京を発着地に、静岡、浜松、名古屋、米原、京都、新大阪、新神戸、西明石、姫路、相生、岡山、新倉敷、福山、広島、徳山、新山口、小倉、博多と設定されてきました。このうち、静岡、浜松、西明石、小倉が設定から外れます。静岡、浜松は普通車自由席用が残りますが、西明石、小倉は新幹線回数券がなくなります。

新大阪発着では、これまで東京、新横浜、名古屋、広島、新岩国、徳山、新山口、小倉、博多で指定席回数券の設定がありましたが、今回、徳山、新山口発着の設定がなくなります。新大阪~徳山・新山口は自由席用の設定もありませんので、新幹線回数券がなくなります。

普通車自由席

普通車自由席用は、これまで東京を発着地に、三河安城以東の全駅と米原に設定されてきました。今回、東京発着では三河安城が設定から外れます。これにより、東京~三河安城間の新幹線回数券はなくなります。

新大阪発着では、これまで小田原~東広島間の各駅(名古屋除く)に自由席回数券が設定されてきました。今回、小田原、熱海、三島、新富士、掛川、豊橋、三河安城、米原、新神戸、西明石、相生、新倉敷、三原が廃止となります。これらの区間では新幹線回数券がなくなります。

広告

主要区間は残る

東海道・山陽新幹線の回数券の縮小は、2019年3月につづくものです。2019年は、グリーン車用の遠距離区間と、新横浜、新神戸発着の設定が減りましたが、今回は、主力となる東京・新大阪発着で設定区間が削減されているのが特徴です。山陽区間では、徳山、新山口の両駅発着の削減も目立ちます。

全体に見て、利用区間が相対的に少ない区間が廃止対象となったようで、需要の多い区間は残されているといえます。東京~名古屋、京都、新大阪といった重要な区間の指定席回数券が温存されたことで、金券ショップの方々は胸をなで下ろしているかもしれません。

JR東日本は、2021年6月で、新幹線回数券を全廃しますので、それに比べれば東海道・山陽新幹線の回数券縮小はマイルドな形となりました。それだけ回数券利用者が多いのだろうと想像します。

ただ、新幹線乗車においてIC利用の比重が今後も増えていくのは間違いなく、将来的に、さらなる縮小が行われる可能性が高そうです。

広告
関連広告
前の記事JR東海ツアーズが全店舗休業。「びゅうプラザ」も首都圏で休業
次の記事JR羽田空港アクセス線、鉄道事業許可の詳細。2029年度開業めざす