JRダイナミックパッケージを扱う旅行会社が増加。名鉄観光など販売開始

駅で受取可能

JR線とホテルをセットで購入できるダイナミックパッケージを導入する旅行会社が増えています。名鉄観光、ビッグホリデー、T-LIFEの3社が、フォルシアのシステムを導入して販売を開始しました。

広告

フォルシアが開発

情報検索サービスを提供するフォルシアは、同社の旅行商品販売プラットフォーム「webコネクト」の新機能として、JR列車の契約乗車票(JR乗車票)と宿泊施設のダイナミックパッケージ販売機能を開発しました。

webコネクトは、ダイナミックプライス型旅行商品を生成するサービスで、料金計算をリアルタイムで行って一覧表示できます。そこにJRダイナミックパッケージ販売機能を実装しました。

この機能は、JR6社が提供する募集型企画旅行(パッケージ旅行)向け割引運賃制度に対応し、複数の選択肢の中から予約可能な組み合わせを即時に判定。自動的にJR乗車票と宿泊素材の合計金額を算出します。

名鉄観光、ビッグホリデー、T-LIFE(タビックスジャパン)の旅行予約サイトがこの機能を導入。JR+宿泊のダイナミックパッケージの販売を開始しました。

名鉄観光ダイナミックパッケージ
画像:名鉄観光ウェブサイト

京都旅行を検索すると

10月26日から2人1泊で、東京発の京都旅行を検索してみます。名鉄観光では、ホテルエルシエント京都泊、往復「のぞみ」利用で1人あたり28,800円~。タビックスジャパンでは、イビススタイルズ京都ステーション泊で1人あたり28,000円~となりました。ビッグホリデーでは、いまのところJR東日本エリアの新幹線しか予約できません。

列車選択も自在で、座席をシートマップから選択可能です。列車により割増料金があり、上記の価格は時間帯のいい「のぞみ」ですが、「こだま」を利用すれば22,000円程度の価格も表示されます。乗車票はQRコードにより駅の指定席券売機で受取可能です。

同区間、同日程で、JR東海ツアーズの「新幹線ダイレクトパック」を検索すると、京都タワーホテルアネックス泊の「のぞみ」利用で24,000円程度から設定されていました。

つまり、名鉄観光やタビックスが安いというわけではないようですが、同じシステムでも旅行会社によって選べるホテルが異なるようですし、自分の好みに合わせて使い分けると良さそうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事東北本線に在来線特急運行。小牛田発着の臨時列車が4往復
次の記事さよなら「とれいゆつばさ」。2022年運行終了、「のってたのしい新幹線」に後継なし