東北本線に在来線特急運行。小牛田発着の臨時列車が4往復

常磐線直通で

JR東日本は、2021-2022年の冬の臨時列車で、東北本線小牛田発着の特急列車を設定します。東北本線仙台以北の在来線特急運行は近年珍しいです。

広告

E653系国鉄色で

JR東日本は、2021-2022年冬の臨時列車を発表しました。なかでも注目は、仙台地区の臨時列車。特急「冬をまるごと仙台松島号」を水戸~小牛田間で、特急「冬の宮城ホッと温泉号」を土浦~小牛田間で運転します。

小牛田発着という特急列車の設定が珍しいですし、東北本線仙台以北に在来線特急が走るのも、近年ほとんど例をみないことです。車両はいずれもE653系7両編成。国鉄特急色のK70編成を充当します。

E653系国鉄色
画像:JR東日本プレスリリース

松島、鳴子訪問客向け

両列車はそれぞれ松島、鳴子温泉の訪問客をターゲットにした列車のようですが、松島駅では折り返せず、鳴子温泉は非電化のため乗り入れできないという制約があり、小牛田発着になったとみられます。

両列車の時刻表は以下の通りです。12月と1月に計4往復します。

■「冬をまるごと仙台松島号」時刻表
水戸08:27→12:22仙台→12:45松島→13:02小牛田(12/18、25運転)
小牛田18:24→松島18:49→仙台19:26→23:26水戸(12/18、25運転)

■「冬の宮城ホッと温泉号」時刻表
土浦07:54→12:22仙台→12:45松島→13:02小牛田(1/15、22運転)
小牛田12:20→松島18:49→仙台19:26→18:06土浦(1/16、23運転)

停車駅は、(土浦・石岡・友部・赤塚・)水戸・勝田・日立・高萩・泉・いわき・原ノ町・仙台・松島・小牛田です。いずれも全車指定席です。

広告

盛岡~仙台間快速も

東北本線では、このほかにも興味深い列車が運転されます。

快速「クリスマスおでかけ号」は、12月25日に盛岡~仙台間で運転。キハ110系2両編成、全車自由席です。

盛岡~仙台間が約3時間。趣旨としては沿線の方がクリスマスに仙台に遊びに行くための列車のようですが、青春18きっぷシーズンでもあり、鉄道ファンで埋まりそうな予感もします。

■快速「クリスマスおでかけ号」時刻表
盛岡08:01→11:07仙台(12/25運転)
仙台19:55→22:51盛岡(12/25運転)

「リゾートあすなろ」を使った平泉への初詣列車も運転します。仙台~平泉間を走る快速「平泉仙台あすなろ初詣号」で、12/31深夜と1/1未明の設定です。こちらは全車指定席です。

■快速「平泉仙台あすなろ初詣号」時刻表
仙台 21:36→23:20平泉(12/31運転)
平泉04:03→05:48仙台(1/1運転)

新型コロナ禍の落ち着いた状況が続けば、年末年始は「リベンジ旅行」に沸きそう。こうした臨時列車でお出かけしてみるものよさそうです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事「SL冬の湿原号」リニューアルの全詳細。2022年運転日、時刻表も掲載!
次の記事JRダイナミックパッケージを扱う旅行会社が増加。名鉄観光など販売開始