「バリ得」の研究。山陽・九州新幹線の知る人ぞ知る格安チケット

関西~山陽、四国、九州などに

「バリ得」は、山陽・九州新幹線のおもに「こだま」が利用できる格安チケットです。日本旅行がインターネット専用で販売している旅行商品で、JR駅窓口では購入できないという、知る人ぞ知る存在です。

広告

日本旅行のパッケージツアー

「バリ得」は山陽・九州新幹線の格安チケットです。関西~山陽・四国・九州と、山陽~九州のエリア間で設定があります。

【設定区間】
・新大阪、新神戸⇔岡山~新下関
・新大阪~姫路⇔小倉~鹿児島中央
・新大阪、新神戸⇔高松
・新大阪~姫路⇔松山、高知
・岡山~厚狭⇔小倉、博多
・岡山~新下関⇔新鳥栖~鹿児島中央
(※チケット受取駅に制限があります)

日本旅行が販売している旅行商品、つまりパッケージツアーです。東海道新幹線で有名な「ぷらっとこだま」の山陽・九州新幹線版、と考えればいいでしょう。

「バリ得」は、インターネット専用販売で、クレジット支払い限定です。発売は出発前日までで、「こだま」「つばめ」と一部「ひかり」のみ利用可です。

このように制限は多いですが、おおむね通常運賃・料金に対して30~40%引きの価格設定となっていて、格安で旅行できます。

バリ得
画像:日本旅行ホームページより
広告

バリ得の価格

「バリ得」の新大阪発着の価格は以下の通りです。

バリ得の価格(新大阪発着、通常期、円)
発着地 バリ得 JR定価 割引率
岡山 4,100 6,140 33%
新倉敷 5,100 7,670 34%
福山 5,300 8,000 34%
新尾道 5,600 8,440 34%
三原 5,800 8,770 34%
東広島 6,700 10,200 34%
広島 6,800 10,420 35%
新岩国 7,200 11,080 35%
徳山 8,000 12,300 35%
新山口 8,400 12,850 35%
厚狭 9,100 13,850 34%
新下関 9,100 14,070 35%
小倉 8,100 14,400 44%
博多 8,600 15,280 44%
新鳥栖 9,800 16,430 40%
久留米 10,000 16,450 39%
筑後船小屋 10,000 16,900 41%
新大牟田 10,600 17,730 40%
新玉名 10,600 17,750 40%
熊本 11,000 18,880 42%
新八代 11,200 19,240 42%
新水俣 11,800 20,390 42%
出水 12,100 21,020 42%
川内 12,400 21,240 42%
鹿児島中央 12,900 22,310 42%
高松 5,300 7,780 32%
松山 8,000 11,390 30%
高知 7,600 10,730 29%

※通常期は4/28~5/8、8/10~16を除く日。これらの日には繁忙期価格で設定あり。
※2022年9月30日までの価格。10月1日以降は未定。

広告

「こだま指定席きっぷ」より安い

最初に注意点として、きっぷが受け取れる駅には制限があります。購入時にはご注意下さい。

席数などは限定されたプランですが、新大阪発着で計算すると、山陽・四国エリアへは約30%程度、九州エリアへは約40%の割引となっています。

この割引率は、JRの正規の割引きっぷより大きいです。

たとえば新大阪~広島間の6,800円は、JRの正規割引きっぷである「こだま指定席きっぷ」(2人以上で販売)の7,810円より1,000円以上安いです。しかも「バリ得」なら1人で利用できます。

新大阪~博多間の価格は8,600円。「スーパー早特きっぷ」11,690円が最安値ですので、それより3,000円以上も安いです。

新大阪~熊本間の価格は11,000円。JRの「スーパー早特21」の14,700円より3,700円も安いです。

所要時間は?

「スーパー早特」は「のぞみ」「みずほ」「さくら」を利用できます。したがって、基本的に「こだま」利用の「バリ得」とは、所要時間は全く違います。

新大阪~博多間の場合、「のぞみ」なら約2時間30分のところ、「こだま」なら約4時間40分。新大阪~熊本の場合、「みずほ」なら約3時間のところ、「こだま」「つばめ」の乗り継ぎなら約6時間20分かかります。新大阪~鹿児島なら約7時間30分です。

6~7時間かかるとなると、関西空港からLCCを使った方が安くて速いこともありますので、空席状況と価格を見比べながら、比較検討する必要があるでしょう。

広告

ひかりなら早い

狙い目は、深夜・早朝に走っている一部「ひかり」です。バリ得は原則として「こだま」「つばめ」の利用ですが、一部「ひかり」も利用できます。たとえば、新大阪~博多間なら以下の「ひかり」を利用できます。

【バリ得で利用できる「ひかり」】
新大阪06:06→ひかり591→09:19博多(3時間13分)
新大阪07:35→ひかり531→10:11博多(2時間36分)
博多06:16→ひかり592→10:12新大阪(3時間56分)
博多20:52→ひかり594→23:32進大阪(2時間40分)

これらの「ひかり」を使えば、新大阪~博多間が3時間前後で利用できます。

利用方法

「バリ得」は、日本旅行のインターネット専用商品です。乗車日の前日までに、同社のウェブサイトで購入し、当日までにエリア内のJR駅券売機でチケット(乗車票)を受け取って改札口を通ります。

チケットは列車の指定座席のみ有効で、乗り遅れたら無効となり、後続列車の自由席には乗車できません。途中下車や途中乗車もできません。

セブンイレブンで商品と引き替えられる「ポチッとギフト」が付いています。150円~200円程度のドリンクや菓子と引き替えられます。

そのほか注意点は、キャンセル料がJRの正規販売のきっぷに比べると高いことです。10日前から20%で発生し、7日前に30%、前日に40%、当日出発前に50%となります。

広告

山陽新幹線の格安旅行に

新型コロナウイルス後の経営難によって、JR西日本は山陽新幹線の格安チケットの一部を値上げ、または販売終了しています。そうした状況で、「バリ得」は破格値で山陽新幹線を利用できる貴重な商品になっています。

インターネットで前日まで購入でき、当日、券売機で受け取れますので、JRのきっぷをネットで購入するのと、手間はほとんどかわりません。1人で利用できる点も便利です。

ただ、山陽新幹線では「こだま」の運転本数が少ないこともあり、「バリ得」には東海道新幹線の「ぷらっとこだま」ほどの存在感はないようです。山陽区間だけならともかく、山陽・九州新幹線をまたがって乗車すると、時間がかかりすぎることも難点です。

それでも、山陽新幹線の頼もしい格安チケットであることに違いなく、うまく活用していきたいところです。(鎌倉淳)

【日本旅行公式サイトはこちら】
「バリ得」関西~山陽
「バリ得」関西~九州
「バリ得」関西~四国
「バリ得」山陽~九州




広告
関連広告
前の記事山陽線・岡山エリア227系の概要。新型車両で青春18きっぷの旅が快適に
次の記事「ラベンダー」編成が花咲線まで走る。北海道「ひとめぐり号」2022年に新ルート