大井川鐵道井川線が5月8日まで全線運休。新型コロナ影響で

ゴールデンウィークはお休み

大井川鐵道井川線が2020年5月8日まで全線運休します。新型コロナウイルスの感染拡大などを踏まえた措置です。

広告

ゴールデンウィーク明けまで

大井川鐵道は、井川線(南アルプスあぷとライン)を、2020年4月14日~5月8日の期間、全線で終日運休することを発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大や、政府による緊急事態宣言を踏まえた判断で、ゴールデンウィーク明けまで運休します。

これにともない、井川線区間が含まれるフリーきっぷ「大井川周遊きっぷ」・「井川寸又峡周遊きっぷ」についても、同期間、発売を休止します。

また、閑蔵線路線バスで4月29日~5月6日に運転を予定していた臨時便57便・58便も運休します。その他の便については全便平常通りの運転です。

大井川本線普通電車(金谷~千頭間)、寸又峡線路線バスについては平常通り運転します。

大井川鐡道井川線

緊急事態宣言解除後に運転再開

大井川鐡道井川線は閑蔵駅~井川駅における線路下設備点検のため、2020年3月18日から千頭駅~閑蔵駅の折り返し運転を行っていて、4月3日に全線で運転を再開したばかりです。全線運転再開後、10日あまりでの再運休となりました。

現時点では、緊急事態宣言解除後、初の週末となる5月9日始発列車から運転再開を予定しています。ただし新型コロナウイルスの感染拡大状況などによっては、運転再開が遅くなる可能性もありそうです。

広告
関連記事
前の記事JAL国際線、5月に飛ぶ路線全リスト。15路線で週30往復体制、減便率は94%に
次の記事JR各社、ゴールデンウィーク予約「前年比1割」の衝撃。新型コロナウイルスで旅行自粛