ホーム 新幹線・特急 JR東日本の新幹線が「Su...

JR東日本の新幹線が「Suica」だけで利用可能に。「タッチでGo!新幹線」の概要

在来線とは打ち切り計算に

シェア

JR東日本の新幹線が「Suica」などの交通系ICカードだけで利用可能になります。事前に新幹線特急券を買う必要はありません。事前購入せずに新幹線にICカードで乗車できるサービスは、全国で初めてです。

広告

首都圏近郊の新幹線が対象

JR東日本が新たに導入するサービスの名称は「タッチでGo!新幹線」です。「Suica」「PASMO」などのIC乗車券で新幹線の普通車自由席を利用できます。

事前に乗車券や特急券を購入する必要はありません。「Suica」をはじめとする交通系ICカードで、チャージ(入金)残額があれば、対象エリアの新幹線停車駅相互間で新幹線の普通車自由席を利用できます。

サービス開始は2018年4月1日からで、対象エリアは首都圏近郊のJR東日本の新幹線です。具体的には、東北新幹線の東京~那須塩原間、上越新幹線の東京~上毛高原間、北陸新幹線の東京~安中榛名間です。

大宮で東北・上越新幹線を乗り継ぐ場合と、高崎で上越・北陸新幹線を乗り継ぐ場合は対象外となります。

タッチでGo!新幹線
画像:JR東日本プレスリリース

対象となるICカードは10種類

対象交通系ICカードはSuicaを初めとする10種類で、以下の通りです。

・Suica
・PASMO
・Kitaca
・TOICA
・manaca
・ICOCA
・PiTaPa
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん

似たサービスとして、東海道・山陽新幹線の「スマートEX」がありますが、そちらは事前にインターネットでチケットを購入する必要があります。「タッチでGo!新幹線」は、事前購入なしで、ICカード乗車券を利用して乗車できるのが特徴です。

広告

在来線運賃とは打ち切り計算に

注意点としては、このサービスで乗車する場合、新幹線専用商品が適用される点です。利用者は「乗車券・特急券の効力が一体となった新幹線専用商品」を購入することになります。

新幹線改札口を通った際に、通常運賃に新幹線特急料金が上乗せされて差し引かれる、という仕組みではありません。そのため、在来線と新幹線を乗り継ぐ場合は、運賃・料金はそれぞれ打ち切り計算になります。

価格の詳細は未発表ですが、サービス開始から当分のあいだは、「キャンペーン価格」を適用するとしています。たとえば、東北新幹線の東京~宇都宮間は、所定運賃・料金の合計が4,410円のところ、「タッチでGo! 新幹線」ならば、4,210円で利用できるそうです。

指定席については、2019年度末をメドにICカード利用が可能になるよう準備をすすめているとのこと。詳細は今後発表されます。(鎌倉淳)


関連記事