ホーム お得なきっぷ 「北海道&東日本...

「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」の使いこなしを考える

新青森拠点にすれば効果的

シェア

北海道&東日本パスの2018年の発売期間・利用期間が発表されました。今年のトピックスは、春季限定で、北海道の新幹線・特急が乗り放題になるオプション券が販売されたこと。使いこなしを考えてみましょう。

広告

JR北海道とJR東日本が乗り放題

北海道&東日本パスは、春・夏・冬の年3回発売され、JR北海道・JR東日本の路線(新幹線は除く)と、IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・北越急行の快速・普通列車が乗り放題のきっぷです。

有効期間は連続7日間で、フリーエリア内は快速・普通列車の普通車自由席とBRTが乗降り自由です。新幹線や特急列車は原則として利用不可。ただし、北海道新幹線「新函館北斗~新青森」間内の相互発着の場合に限り特例があり、別途特定特急券を購入すれば、立席での利用が可能です。

基本的なルールは例年と同じです。すでに定期急行列車は存在しませんが、別途急行料金を払えば急行列車に乗車できる点も変わっていません。

スーパー北斗

2018年北海道&東日本パスの概要

2018年の北海道&東日本パスの発売期間、利用期間、価格は以下の通りです。

〔春季〕
・発売期間:2月20日~4月16日
・利用期間:3月1日~4月22日

〔夏季〕
・発売期間:6月20日~9月24日
・利用期間:7月1日~9月30日

〔冬季〕
・発売期間:12月1日~2018年1月4日
・利用期間:12月10日~2018年1月10日

■価格
大人 10,850円、小児 5,420円

広告

北海道&東日本パス北海道線特急オプション券

2018年の北海道&東日本パスの目玉は、春季限定で販売される「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」(以下、北海道特急オプション券)でしょう。

北海道特急オプション券は、北海道命名150年を記念したもので、北海道&東日本パスと組み合わせて利用する際に、北海道新幹線の立席(空席)と北海道内の在来線特急列車の普通車自由席が1日乗り降り自由になります。

発売期間と利用期間は北海道&東日本パスと同じで、1日限り有効。価格は大人6,000円、小児3,000円です。

北海道線特急オプション券のポイント

北海道特急のオプション券の一つのポイントは「北海道新幹線に乗車できる」という点です。北海道新幹線の新青森~新函館北斗間の特定特急料金は3,930円。これだけでオプション券の3分の2の元は取れます。

さらに札幌まで特急「スーパー北斗」の自由席に乗り継ぐ場合、乗り継ぎ割引の特急料金が1,290円。新幹線とあわせて5,220円となります。

これだけだと元が取れないように感じるかもしれませんが、北海道&東日本パスだけでは特急料金を払っても在来線特急に乗ることはできませんので、オプション券がなければ新函館北斗~札幌間の運賃が別途かかります。

そこを考慮すれば、新青森~札幌を「新幹線+特急」でワープするなら、北海道特急オプション券がお得となります。

広告

道内のどこへでも行ける

具体的に時刻表をたどってみましょう。

たとえば1日目朝に東京を出て、夜に青森泊。2日目、新青森から北海道特急オプション券を使うと以下のようにつながります。

・新青森06:32→(はやて91号)→07:38新函館北斗07:48→(北斗3号)→11:27札幌12:00→(ライラック15号)→13:25旭川13:35→(サロベツ1号)→17:21稚内

このように、札幌に午前中着、稚内に同日着できます。同様に、網走、根室も同日着が可能です。要するに、朝、新青森を出て新幹線・特急を乗り継げば、その日のうちに、北海道のほぼどこへでも行けるわけです。

逆も同様で、北海道オプション券を使えば、道内のほぼどこからでも、新青森に同日着できます。青森~東京は普通列車で1日で到達できますので、青森に泊まれば、翌日夜には東京に着けるというわけです。

このように、青森に宿泊して北海道線特急オプション券を使えば、北海道&東日本パスでは乗り継ぎがしづらい青森~函館間や長万部~東室蘭・倶知安間を移動しやすくなります。

首都圏から北海道の旅ができるきっぷに

急行「はまなす」が健在だった頃には、北海道&東日本パスを使って東京を朝出れば、2日目の朝に札幌に着けました。しかし、「はまなす」が廃止された現在、北海道新幹線を使っても、札幌に着くのは2日目の夜になります。

そのため、北海道&東日本パスは、首都圏から北海道の旅行には向かないきっぷになってしまいました。JRが北海道特急オプション券を新たに発売したのは、首都圏から北海道の旅に使えるきっぷに戻すための、一つの策であるように感じられます。

今回は、「北海道命名150年記念」の限定発売ということですが、売れ行きがよければ、今後も継続発売される可能性もあるでしょう。いわば、実験的なきっぷとみられます。

価格的には微妙

価格的には、北海道&東日本パスとあわせれば、総額16,850円となります。オプション券を往復(2枚)つければ22,850円。首都圏から北海道を旅するのに格安に違いありませんが、LCC利用で道内特急乗り放題の「ひがし北海道フリーパス」(5日間15,500円)などとの比較になるでしょう。

道内利用に関しては、北海道フリーパス(7日間26,230円)に比べると、お得感が感じられるかは微妙なところです。

それでも、普通列車の旅の途中に「1日だけ」特急を使える選択肢があるのは楽しいもの。どう使えば自分にあった良い旅ができるのか。時刻表片手に研究してみたいところです。(鎌倉淳)


関連記事