「ヨコハマ・エア・キャビン」4/22開業。桜木町駅と運河パークをロープウェイで直結!

ハマの新名所に

横浜市の桜木町駅と、みなとみらいの運河パークを結ぶロープウエイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)」が2021年4月22日に開業します。全長630mの都市型ロープウェイです。

広告

まちを楽しむ多彩な交通

「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)」は、JR桜木町駅からみなとみらい21の新港地区にある運河パークを結ぶロープウェイで、2021年4月22日に開業します。

これは、横浜市が2017年度に公募した「まちを楽しむ多彩な交通」への提案として採択された事業です。横浜都心臨海部において、移動自体が楽しく感じられるような交通サービスの提案を募り、遊園地「よこはまコスモワールド」を運営する泉陽興業が応募。泉陽興業がそのまま事業主体となり、ロープウェイを敷設しました。

横浜エアキャビン
画像:泉陽興業ウェブサイトより

世界最新式の都市型ロープウェイ

ロープウエーは全長約630m、高さ最大40mで、臨海部のプロムナード「汽車道」沿いに、陸上と海上に計5つの支柱を設置。桜木町駅と運河パークを約5分で結びます。

横浜エアキャビン
画像:泉陽興業ウェブサイトより

泉陽興業によると、YOKOHAMA AIR CABINは「世界最新式の都市型循環式ロープウェイ」。定員8名計36基のゴンドラは、冷房システムや各種安全監視システム、LED照明など最先端の機能を備えます。キャビンに最新式のバッテリーを備えることで、こうした機能が実現しました。

横浜エアキャビン
画像:泉陽興業ウェブサイトより

世界的な照明デザイナー石井幹子氏が照明計画の監修を担当し、夜間景観も演出します。営業時間は10時~22時の12時間となっています。

運賃は大人1,000円、小児500円です。YOKOHAMA AIR CABINと大観覧車「コスモクロック21」のセット券は、片道大人1,500円、小児1,200円、往復大人2,300円、小児1,500円です。

ハマの新名所に

「桜木町駅」はJR桜木町駅を出た目の前。終点の「運河パーク駅」からは、よこはまコスモワールドやワールドポーターズ、ハンマーヘッド、赤レンガ倉庫などへアクセスできます。みなとみらいの観光スポットまで、空からの景色を楽しみながら移動できるというわけです。

観光客にとっては、ロープウェイの開業で、桜木町駅から新港地区へのアクセスが便利になります。一方、600mで1,000円という運賃や、朝10時からという営業時間は、通勤・通学には適しません。移動機能を備えた観光的なアトラクションとして作られたといえます。今後は、他の施設とのセット券も増えていくでしょうし、フリーきっぷなどに組み込まれることもあるかもしれません。

新港地区への観光には有用な乗り物で、汽車道を眼下に眺めながらのゴンドラ移動は、ハマの新名所になりそうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事西武鉄道が全線フリーきっぷを限定発売。訪日客向けパスを日本人にも解禁!
次の記事東海道新幹線、総座席数変更で指定席券の販売方法はどう変わったか