京王「高尾山湯ったりきっぷ」の詳細。平日限定で通年販売へ。

登山者向けではないけれど

京王電鉄が「高尾山湯ったりきっぷ」を平日限定で通年発売します。高尾山までの往復きっぷと、京王高尾山温泉の入館料などがセットになったきっぷです。

広告

ケーブルカーと温泉、食事がセット

京王電鉄は、「高尾山湯ったりきっぷ」を、2021年8月23日から平日限定で通年発売します。

このきっぷは、京王電鉄の各駅から高尾山口までの往復乗車券に、高尾山ケーブルカー・リフトの往復乗車券、京王高尾山温泉の入館料と食事がセットになったものです。

2020年12月から2021年4月に期間限定で発売されていましたが、このほど、平日限定ながら通年発売することが決まりました。

高尾山湯ったりきっぷ
画像:京王電鉄プレスリリース

どこまでお得なのか

「高尾山湯ったりきっぷ」の、主な駅からの価格は以下の通りです。

発着駅 価格
新宿・渋谷 3,220円
明大前 3,190円
調布 3,140円
府中 3,080円
高尾 2,860円

 
新宿発着を例に取ると、3,220円です。

新宿~高尾山口の運賃が往復780円、高尾山ケーブルカーの往復運賃が950円、高尾山温泉の入館料の平日料金が1,000円ですので、合計すると2,730円。これだけでは元が取れません。

ただ、高尾山温泉の食事が1,000円程度なので、それを含めると3,730円、さらにタオルセット350円も含まれているので、あわせると4,080円となります。つまり、全体としては、定価の2割引程度の価格設定といえます。

そのほか、割引として、高尾山トリックアート美術館の入館料が200円引き、高尾山スミカ 天狗焼が50円引き、高尾山さる園・野草園の入園料が130円引きなどとなっています。

登山者向けではない

実際のところ、登山をする場合は、少なくとも片道はケーブルカーに乗らないでしょう。温泉に入っても食事は別のところで、とお考えの方もいるでしょう。つまり、そうした方には向かないきっぷです。

ケーブルカーで山上まで往復し、下山後タオルを持参せずに温泉に入り、そのまま食事をする、という人には格安のチケットです。高尾山登山をするというよりは、温泉を目当てに、周囲も軽く観光する人向けのきっぷといえそうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事京阪電鉄、9月ダイヤ改定の詳細。日中15分ヘッドに削減、有料サービスは拡充
次の記事長万部町「並行在来線の旅客廃止」方針の波紋。函館線の存続厳しく