ホーム 高速道路 新東名・新名神「御殿場~草...

新東名・新名神「御殿場~草津」が3月につながる。全線開通へあと少し!

あと5年で全通

新名神高速の新四日市JCT~亀山西JCT間が、2019年3月17日に開通します。これにより、新東名高速の御殿場JCTから新名神の草津JCTまでがつながります。海老名南~神戸間の全線開通もようやく視野に入ってきました。

3月17日開通

新名神・新四日市JCT~亀山西JCT間は約23km。NEXCO中日本は、2019年3月17日の16時に開通すると発表しました。あわせて、鈴鹿PAスマートICも同日同時刻に開通します。

開通区間は4車線で、制限速度は100km/hです。途中には、菰野IC、鈴鹿PA、鈴鹿PAスマートICが開設されます。

新名神開通区間
画像:NEXCO中日本

今回の開通により、伊勢湾岸道の豊田東JCT~草津JCT間の所要時間は約79分になります。従来の東名阪道・新名神ルートの約85分から、約6分の短縮です。106分かかる名神ルートに比べると、約27分の短縮となります。

開通区間と並行する東名阪道や、名神高速の渋滞の緩和も期待されます。

広告

新東名では最高速度120km/hも

豊田東JCTで接続する新東名高速道路は、御殿場JCT~豊田東JCT間が開通済みです。そのため、今回の開通により、御殿場~草津間を新東名・伊勢湾岸道・新名神で走り抜けることができるようになります。

御殿場JCT~豊田東JCT間の所要時間は、開業時に約120分とされていましたので、御殿場~草津間は約199分(3時間19分)で走れることになります。

実際には、2017年に新東名の一部区間(新静岡~森掛川間)で試験的に最高速度が110km/hに引き上げられ、2019年3月には120km/hとなります。そのため、もっと早く走ることができるでしょう。

新東名は2020年度全通

新東名・新名神の整備はさらに進められています。

新東名の厚木南IC~伊勢原JCT間は2018年度の開通が予定されており、まもなく開通日が公表されるとみられます。

伊勢原JCT~伊勢原北IC間が2019年度、伊勢原北IC~御殿場JCT間が2020年度の開通予定となっています。つまり、2020年度には新東名の海老名南JCT~豊田東JCT間253.2kmが全通します。

新東名開通予定
画像:NEXCO中日本
広告

2023年に海老名南~神戸間が全通

新名神の大津JCT~城陽JCT・IC間と、八幡京田辺JCT・IC~高槻JCT・IC間は2023年度の開通予定です。

新名神開通予定
画像:NEXCC西日本

ここが開通すれば、新東名・名神の事業中区間、海老名南~神戸JCT間459.2kmが全通します。あと5年ですから、全通が視野に入ってきたと表現していいでしょう。

新東名の伊勢原JCTでは東名に接続し、海老名南JCTでは、圏央道に接続します。海老名以東、横浜市内や東京都内方面への延伸構想もありますが、現時点ではルートなど全く白紙です。