ホーム 新規開業・工事 北大阪急行箕面延伸が3年延...

北大阪急行箕面延伸が3年延期、2023年度開業へ。用地買収と地下埋蔵物で

昔の国道が出てきた

北大阪急行線の箕面延伸の開業時期が、3年延期されることになりました。新たな開業目標は、2023年度となります。

箕面市内への2.5km

北大阪急行線の延伸事業は、千里中央駅から箕面市内の箕面萱野駅まで約2.5kmの新線を建設するものです。途中に、箕面船場阪大前駅を設置します。

開業目標はこれまで2020年度とされてきましたが、北大阪急行電鉄は、開業目標を3年延期すると発表しました。新たな開業目標は2023年度となります。

北大阪急行延伸開業延期
画像:箕面市

既存トンネルの「土留壁」も

箕面市によりますと、開業延期の理由は主に3点。まず、一部の用地が土地収用法の手続きに至るなど、用地交渉が長期化したことによって工事着手が遅延しました。

さらに、高架区間で基礎杭を打ち込む部分の地下から、昔の国道423号の擁壁らしい全長150mのコンクリート壁が見つかりました。厚さは0.2~1.4m、高さは1.4~3mに及ぶもので、この撤去に時間がかかりました。

さらに、シールドトンネルが千里中央駅の既設トンネルと連結する部分で、「土留壁」があることが判明し、狭い空間での撤去作業に時間を要するため、工期が延長となりました。

こうした事情により、開業目標を3年遅らせることにしたものです。総事業費(650億円)に変更はありません。

開業目標の変更にともない、箕面船場阪大前駅周辺では、駅前広場などの整備竣工予定を2021年春から2023年度開業までに変更。箕面萱野駅周辺では、駅ビルやバス乗り場などの竣工予定を2021年春から2023年度開業までに変更します。