ホーム レンタカー 格安レンタカーを借りるとき...

格安レンタカーを借りるときの注意点まとめ。「安い」という評判だけで借りるのではなく、ビジネスモデルを理解しよう

最近増えているのが格安レンタカー。12時間2500円~3000円程度が基本料金になっています。大手よりも半額程度の低価格レンタカーは魅力。とはいえ、安いには理由があるものですから、借りるときには注意しましょう。「安い」という評判だけに踊らされて借りるのは、いろんな意味でキケンです。

格安レンタカーはなぜ安いのか?

格安レンタカーの安い理由を考えてみましょう。まず、格安レンタカーは営業所がガソリンスタンドや整備工場などになっています。これはフランチャイズを活用しているからで、ガソリンスタンドなどが副業としてレンタカーを営業しているのです。ですから、コストが抑えられます。

車両も新車でなく、かなり年季の入った中古車を活用しています。整備や洗車などもガソリンスタンドなどが行いますので、その費用も抑えられます。また、最終給油もそのガソリンスタンドで行うように義務づけられている場合も多く、給油による利益も上げられます。

さらに、基本料金は低価格ですが、カーナビや免責補償などのオプション料金は別途です。オプション料金は安くはありません。こうした「オプション商売」は格安航空会社LCCと似ている部分があります。

さて、こういうビジネスモデルを知った上で、格安レンタカーを利用しましょう。以下、格安レンタカーを借りるときのコツと注意点を解説します。

格安レンタカー

車両の質を気にしない

格安レンタカーは中古車両を貸し出すのが基本です。走行距離10万キロ超というようなクルマを貸し出されることもありますが気にしないように。車内の清掃はたいていきちんと行われていますし、ちゃんと走れば問題ありません。

長距離利用には用いない

最近のクルマは古いクルマより格段に燃費性能が上がっています。そうでなくてもクルマは古くなると燃費が落ちやすくなります。そのため、長距離利用するなら、燃費のいい新しいクルマを貸してくれる大手レンタカーを利用した方が、ガソリン代で有利になる可能性が高いです。

そもそも、古い車両での長距離利用にはトラブルの不安もあります。格安レンタカーの使用は、せいぜい1日か2日の、近隣観光地巡りにしておきましょう。

カーナビは付けない

カーナビのオプション料金は1日1000円程度。レンタカーの基本料金に比べて割高です。しかも、貸し出されるオプションカーナビは小型でいまいち、ということも多い様子。ならば、最近はスマホでカーナビ機能がありますので、それで十分でしょう。

広告

送迎を受ける場合は時間に余裕を持って

レンタカーを借りるときに、駅や空港に迎えに来てもらうことも多いですが、この送迎も大手レンタカーのように迅速、というわけにはいきません。格安レンタカーの営業所は人手が限られていますし、送迎回数を減らしたいという意向もあるようで、迎えがすぐ来るとは限りません。

また、レンタカーを返却した後、駅や空港に送迎してもらうときはさらに要注意。返却後、速やかに送ってくれるとは限りません。飛行機の出発時刻ギリギリに返す、なんてことはしないように。

利用前に写真を撮ろう!

格安レンタカーでよく耳にするトラブルが、「車体に傷が付いたので、修理費用を支払え」などといわれること。利用者からしたら、身に覚えがない場合もあるようです。

そういうトラブルを避けるには、車体の傷チェックを出発前に入念に行うことが大事。レンタカー会社の提示する傷チェックの書類にサインするときにきちんと確認し、細かい傷も全て図に書き入れておきましょう。また、自分のカメラで車体の写真を撮っておくと安心です。
ニッポンレンタカー ご利用の1時間前までネット予約ができる!

ガソリンは最終給油前に入れておく

ガソリンを指定給油所で最後に給油して下さい、と言われることもあります。貸出場所がガソリンスタンドの場合は、そこが指定給油所のケースも多いです。ただ、指定給油所はガソリンの価格が高い場合もあります。その場合は、指定給油所に行く前に、安いガソリンスタンドでほぼ満タンにしておくといいでしょう。

指定給油所のガソリン単価が高くても、少量しか入れないなら影響はあまりありません。もちろん、素晴らしいクルマを格安で貸してくれたのなら、感謝の意味を込めて指定給油所でたくさん入れるのもいいでしょう。

返却時間には要注意

大手レンタカーの場合は、返却時間を10分や15分遅れてもほとんど問題はありません。しかし、格安レンタカーは遅延時の延長料金をしっかり取るケースも多いようです。そのため、返却時間には余裕を持って、時刻は厳守しましょう。また、借りるときは、料金表を確認して、同一価格なら目一杯の時間を借りておくといいでしょう。

広告

店舗により大きな差がある

格安レンタカーは、フランチャイズ制度を取っています。そのため、店舗によって対応がものすごく違います。いい店舗にあたると、クルマは古くても良く整備・清掃されていて、店員の対応もよく、「格安だけれど素晴らしい!」という体験を味わえます。こうした店舗も多いですのでご安心を。

しかし、一方でひどい店舗があるのも事実のようです。ぼろぼろの汚いクルマを投げるように貸し出され、あげく「傷がついた」などと言われたりすることもあるようです。こればかりは行ってみないとわからないのですが、クルマを先に見せて貰って、清掃が行き届いていないな、と思ったら警戒しておきましょう。

初心者は借りないほうが?

格安レンタカーの車両は古く、たとえ整備がしてあっても、ちょっとした車両トラブルが起きる可能性もあります。また、タイヤの溝が基準ギリギリの場合もあります。こうしたクルマでも、ベテランドライバーなら何とか対処できるものですが、初心者ドライバーにはちょっとつらいかも。初心者は車両の新しい大手レンタカーのクルマを運転した方が安心でしょう。

大手のキャンペーン価格とも比較しよう

格安レンタカーは安いとはいっても、カーナビを付ければそれなりの価格になります。大手レンタカーでもキャンペーンをしたり、会員価格で提供したりと、手頃な価格で借りられる工夫をしてきています。

また、最近は楽天トラベルやじゃらんレンタカーなどの予約サイトで大手レンタカーを安く借りられることもあります。こうした予約サイトや大手レンタカーウェブサイトも見て、比較をした上で借りましょう。
じゃらんレンタカー

格安レンタカーは、上手に使えばとてもコストパフォーマンスがいい上に、大手レンタカーが存在しないような立地でもクルマを借りることができ、とても便利です。上述したように、対応のいい店舗に当たれば、これほど素晴らしいシステムはないと感じられることでしょう。

一方で、せっかくの旅が台無しになるような体験をしている人もいます。カジュアルユースには格安レンタカーはオススメできますが、大事な大事な旅の場合には、大手レンタカーを使ったほうがいいかもしれません。

6 コメント

  1. 興味深く読ませていただきました。
    私も登山目的でニコニコとワンズ合わせて10回以上利用しましたが
    車体や内装がかなりくたびれているため、家族で利用するとか
    ちょっといいホテルに乗り付けるのは憚られますね。
    エンジンがだれていて満足に加速しないものや、どう見ても溝がない
    タイヤを履いたのもありました。
    また、エンジンがだれているため燃費が悪いことが多く、無雪期の
    北海道でデミオクラスでありながら10km/L強しか走らなかったことも
    ありました。
    安物買いの銭失いにならないようにしたいものです。

  2. 先日の伊勢湾岸道でのレンタカー追突死亡事故。
    故障の疑いが濃厚とのことで、格安レンタカー
    だったのかが気になります。

  3. 以前、石垣島の●●●レンタカーというところで。
    一度も擦っていないのに、NOC請求されたことあったよ。

    初めからボロボロの車渡されて、全傷チェックを行わず
    (時間がない)スタート。
    返却時に、正面からは見えない程度の擦り傷
    店員の見方(側面から光を反射させてみる見方)で
    やっと確認できる程度。
    初めから塗料の剥げたり、どの角度から見える擦り傷なんて無数にあった。
    (確認していたら時間が無くなる程度)

    →今回指摘された擦り傷も、初めからあってもおかしくないし、他の傷のレベル
     考えたら、このレベルのもので指摘すること自体おかしい。
    →否定すると、そのほか無数の傷で話が拗れる。

    NOCで車両5万円 営業補償2万円が相場だからね。

    まあ、業者によりきりだろうけど、確実にこういった悪徳業者も存在しているから
    保険もNOCだけだとこういうことがある。

    できれば、デジタルカメラで乗る前に写真を詳細に残すことをお勧めします。
    他、トラブルのあったレンタカー会社はネットで検索して必ず調べることを
    おすすめします。
    ※ただしYAHOO関連は信用しないほうがいい。以前、電気製品で、ひどい嘘でYAHOOでネット
     販売していたものに、口コミで事実を並べたら、ページごと削除で 再度嘘販売しているから。

  4. 上記コメントについて、会社名の実名部分を伏字にしました。
    事実としても、当サイトで確認ができないためです。ご了承ください。

  5. わかりやすく要点をまとめた記事で、勉強になりました。●●●●と●●●で利用したことがあります。
    ●●●が近所で、店員さんも対応がよかったので、気に入っていたのですが、お店の凡ミスでエアコンガスの補充がされていないまま貸し出され、朝だったのでこちらも気づかず、かなりの距離走ってから、どうもエアコンが調子悪いなぁくらいでそのまま旅行続行したのですが、翌日は地獄な暑さで、運転者も同乗者もぐったりで旅が台無しになりました。クレームとして交渉すると、本部コールセンターが<ナビオプション代の返金で>、と「?」な返答、抗議して上の人と相談しなさい、と交渉すると、<免責保証料相当を返金します、これ以上はお出しできません>とこれまた「?」な回答で、まぁ本部のミスではないし、FCのお店との付き合いもあるので、これ以上の話し合いはあきらめて、引き下がりました。
    帰りはお店のスタッフ一同並んで深々と頭を下げて送り出してもらい、一応納得して、評価さげるような口コミはしていなかったのですが、最近、再度利用しようとWEB予約して、WEBの自動返送で予約完了通知も受け取っていたのですが、利用日前日の午前になって、本部から<前回規約違反があったため、今回の予約も含め、今後一切、受付いたしません>という一方的な留守電とメールが届いていました。

    夕方帰宅してからそのことを知り、まずは別のレンタカー会社で手配をして、●●●の本部の担当者に詳細な説明を求めようと電話してみたら、逃げ腰の無責任な対応で、前回、迷惑をかけたお客様に向かって<おたく>という呼び方までされました。クレーム対応で相手に満足してもらい、長く付き合える関係にしようという考えは無い会社のようです。前回の時、お店のスタッフに「こんなことでブラックリスト入りになることはないよね」と冗談気味に訊いてみたのが、まさか現実になるとは。しかも前日に告知してくるという嫌がらせな行為までしてくるのには、唖然でした。

  6. 札幌市内の、●●●●レンタカーで2013年10月ライフの貸し出しを受けた。
    借りた時は雨。人がやっと通れる状態(車のドアが完全に開けられない)の中、傘を差して大きなキズがないかレンタカーの人と車の周りを1周して函館に出発。
    どうして札幌で借りたのかは、札幌でしか手術ができない難しい病気に家族がなったから。
    函館から札幌のアパートに戻り、7日の朝、虫で汚れた車を見ていたら車の運転席側前のボンネット下に黒いキズを発見。もしかしたら、教会の辺りは道が狭かったから?坂道が多かったから?と思い、どうしたらよいかを●●●●レンタカーに連絡。
    「警察に連絡して、事故証明を取ってください」とのこと。警察に連絡する前に、近くの板金会社に行きバンパーはどれくらいするのか聞いてみた。
    「これは、本当に自分でやったと思う?」と聞かれ、「分からないけれど坂道だったから」と説明すると、「これは古いキズだよ、1週間2週間でできたキズではない。バンパーの下に穴が開いているから凄い衝撃もあったはず、それにこのバンパーはネジで留めてあるだけでグラグラの状態。穴が開くくらいの衝撃があったのなら、もっとどうにかなってるはずだよ」とのこと。板金工場の方が、バンパー代は全部取り替えても3万円以内だと教えてくれた。
    警察にアパートまで来てもらって、どこでバンパーの下に穴が開いたのか分からないこと、板金工場の人に言われたことレンタカーの人に警察に連絡をして事故証明を取るように言われたことを説明。
    事故の場合、その当日でなければ自動車安全運転センターでは事故証明が出ないので、○○警察署(来てくれた警察署)の事故係から、単独事故の届けがあったことを説明するような対応になると言われた。これで保険適用になるらしいが、保険金詐欺の片棒を担ぐというのも…と、いきさつを聞いた2人の警察官は言葉を濁す。どれくらいの請求があるのか心配だと話をしたら、警察の人も契約にサインしたことで立場が弱くなってんだよね、最初に車のキズをよく確認してないこともね…でもどうなったか教えてほしいから夜、連絡しますとのこと。
    警察との話が終わって出発する頃、●●●●レンタカーから「7万円を請求させてもらいます」との電話があった。
    ●●●●レンタカーに到着して、対応してくれた若い男性が「これ、みたことあるキズだから、ちょっと待って」と事務所の中からチェックシートを持ってきた。
    「あれ?キズがあるのが右だけど、チェックマークのキズは左にあるよね。でも左にはキズがないから、記入ミスだと思うよ」と言うので私もホッと安心して「やっぱり!だって、ぶつけた覚えがないです」と言ったところに、事務所から年配の男性が出てきた。若い男性社員が、記入ミスを報告していたが、年配の男性は「警察を呼んだということは、ぶつけたという認識があったということだから、きちんと契約するときに書いてある金額5万と、NOC代の2万で7万円を支払ってくれ」とのこと。
    でも、軽いキズなので2万のNOC代だけでいいとのこと。契約1日を残していても、事故した日に契約終了となるので警察を呼んだ時点で終了しているとのこと。
    確認を怠った私が悪いのだからとあきらめてはいたが、お金を払うときに若い男性に「あのキズを見たんですよね?」ともう一度確認してみた。若い男性は「よく似たものだったのかもしれないので、はっきり言えないです」と、とても悲しそうな顔でこたえた。悲しそうな顔を見て私も辛くなった。若い社員は●●●●レンタカーで生計を立てている従業員だから。
    ●●●●レンタカーで借りる時には、トラブルを避けるために写真やビデオで撮影するとともに、バンパーの裏も下も横からも、時間をかけて借りる前の状態を確認しなければ被害に遭います。板金屋さんが言うには、レンタカーにはふさわしくない、もともと壊れている車だそうです。警察の方も、詐欺まがいとおっしゃっていました。
    マットのボタンもサビていて、数か所無くなっています。掃除はきれいにしています。メーターのメッセージのエラーは気にしないようにとのことで最初に説明を受けて借りました。
    最後に警察の方もあまりのひどさに、大手のレンタカーに借りなきゃダメだねとのこと。
    いい勉強になったと思って、それしか言えないけれど北海道を嫌いにならないでくださいと言われました。ちなみに、レンタカーでの様子や会話など一部始終をビデオに録画していますが、警察もどうるすこともできないとのことです。
    皆さまに、被害に遭わないでいただきたいと願いコメントを載せさせていただきました。

Comments are closed.