ダイヤ改正情報 新幹線・特急 新規開業・工事 鉄道 鉄道旅行 JR

「ひたち」「ときわ」で新特急券制度を導入へ。指定席、自由席をなくした「新着席サービス」は定着するか?

JR東日本は、上野東京ラインを2015年3月14日に開業すると発表しました。これにともない、常磐線特急「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」を「ひたち」「ときわ」と名称変更のうえ、品川駅まで乗り入れることを明らかにしました。

同時に、「ひたち」「ときわ」の新しい着席サービスが発表されました。これは指定席と自由席の区別をなくし、「空いていれば座っていい」というシステムです。2014年3月から「スワローあかぎ」で導入された制度に近いですが、「ひたち」「ときわ」では、全座席上にランプが設定され、やや複雑な仕組みになりました。

広告

ランプが「赤」なら自由に座れる

座席上のランプといえば、現在の首都圏の普通列車グリーン車を思い起こします。「ひたち」「ときわ」もそれと似た形態で、座席上のランプが緑なら座席指定されている、赤なら未指定、という区別になり、赤なら自由に座ることができます。普通列車グリーン車との違いは、「黄」が新設され、その場合は「まもなく座席指定された区間に入る」ことを示します。

すでに、「ひたち」では、各座席上方に LED ランプを取付けるための改造工事が2013年頃から実施されていて、こうした着席サービスが実施されることはある程度予測されていました。ただ、指定席と自由席を完全に「融合」したことには少し驚きました。「スワローあかぎ」は通勤ライナー的な存在でしたが、「ひたち」「ときわ」は本格的な在来線特急ですので、そこに新制度を導入したということは、JR東日本が全エリアでの特急券改革に本腰を入れてきたことを示しているとみられます。

ひたちE657系

座った席が「指定席」に変わることも

新しい着席サービスを簡単に説明すると、普通車の全座席で事前の座席指定が可能となる一方、座席の指定を受けなくても空席があれば座って良い、という仕組みです。ヨーロッパの鉄道を利用したことがある方なら、それと同じ仕組みか、と感じますが、少し異なります。というのも、ヨーロッパの鉄道では、「座席指定されている区間」が座席上部に明示されていますが、JR東日本の着席サービスではそれがありません。ランプがあるだけで、それが「緑」なら指定されている、「赤」なら指定されていないことを示すにすぎません。

赤だからといって座っても、油断はできません。乗っている途中にその座席が販売されてしまったら、ランプは「黄色」→「緑」と変わります。つまり、座席をゲットしたと思っても、乗っている間にその席が売られてしまい、途中駅で立つハメになってしまうことがあるのです。つまり、これまでの自由席なら、一度確保した座席は降りるまで有効でしたが、「ひたち」「ときわ」の新着席サービスではそうではありません。

この制度だと、長距離で座席指定せずに乗車することはリスクが高すぎて難しくなります。とくに、上り列車でいわき駅から乗る場合など、水戸駅あたりから座席指定されてしまう可能性が少なくありません。長距離乗車で途中で座席を追い出され、他に空席も見つからなかったら、たまったものではないでしょう。

広告

事実上の全車指定席

ただ、新しい着席サービスが悪い、というわけではありません。というのも、新制度では、指定席特急券・座席未指定券とも料金は同額だからです。つまり、途中で座席を追い出されないためには、座席指定をすればいいだけで、そのための追加料金はかかりません。

JRは「全車指定席」という表現を使っていませんが、新制度は、事実上全車指定席といえます。ただし、指定席が売り切れになっても乗車は可能で、しかも空席があれば座れます。今までは、指定席が完売の場合は自由席券を買って乗車するほかなく、自由席で空席がなければ、指定席で利用されていない席があっても立たなければなりませんでした。これに対し、新制度では、指定席完売時でも乗車でき、空席があれば座っていい、ということになります。

車内料金と事前料金を設定

また、「ひたち」「ときわ」の新着席サービスは、特急券に事前料金と車内料金を定めています。そして車内で特急券を買った場合、座席指定ができません。車内料金は事前料金より260円高く設定されていますので、車内で特急券を買った場合、旅客は「高い上に指定できない」という不利益を被ります。

JRとしては、これにより、車内精算を減らそうとしているとみられます。ランプのおかげで検札も不要になりますし、車掌の仕事量を減らし、業務の効率化を図る狙いがありそうです。ひょっとすると、将来的には、検札業務を車掌でなく「アテンダント」が車内販売を兼ねて行うようになるのかもしれません。

奇妙な区分価格の理由は?

「ひたち」「ときわ」新着席サービスでは、季節による変動もなくなり、年間を通じて同一の料金です。「通常期」・「繁忙期」・「閑散期」の 区分はありません。

新制度の特急料金は、事前料金で上野~水戸が1,550円、上野~いわきが2,500円です。現在の指定席特急料金(通常期)は、それぞれ1,860円、2,900円ですから、指定席を使う人は値下げ、自由席の場合は値上げとなります。ただし、ひたち回数券やフレッシュひたち料金回数券が廃止になりますので、実質的には値上げ、と感じる方は多いでしょう。えきねっとトクだ値は10%割引に縮小されるようです。新たにえきねっとチケットレスサービスが開始されますが、100円引きにとどまります。

特急料金は区分ごと価格が少し奇妙で、たとえば事前購入では100kmまでが1,000円で、200kmまでが2,200円です。こうした分割した方が安くなる区間が、普通車・グリーン車ともにあります。とくに、グリーン車は100kmまで1,510 円、150kmまで3,090 円と不自然きわまります。JRが事前に気づかなかったとは考えにくいので、何か特別な理由があるのかもしれません。

他の特急にも拡大するか?

さて、「ひたち」「ときわ」新着席サービスに関してに関しては、さまざまな意見があるでしょう。指定席と自由席の区分をなくすことで、「空席があるのに立っている人がいる」という状況を減らすことができるのは、大きなメリットと思われます。自由席がデッキまで満席という場合に、これまでは指定席車両で立つことはできませんでしたが、これからは普通車全車両で立つことができるようになるので、これも利用者には利益がありそうです。

また、現状では、自由席で空席に荷物を置いて占領するようなマナーの悪い客もいますが、全車指定席となれば、隣席が「赤」ランプ以外でそういうことはできなくなります。

一方で、空席をめぐる車内トラブルが発生しそうですし、自由席券を券売機で購入する場合に手間が増えるなどの苦情が出るかもしれません。そのほかにも、制度導入時には混乱も起こるでしょう。

ただ、仕組みそのものは悪くないので、やがて受け入れられ、定着していくと思われます。常磐線で定着すれば、中央線「あずさ」「かいじ」にも、新車両353系への入れ替えが進む2016年以降に、新着席サービスが導入される可能性は高そうです。

自由席を愛好している方にはお気の毒かもしれませんが、みなさんはどうお考えでしょうか。

-ダイヤ改正情報, 新幹線・特急, 新規開業・工事, 鉄道, 鉄道旅行, JR

  あわせて読みたい