ホーム ダイヤ改正情報 東急田園都市線・大井町線、...

東急田園都市線・大井町線、10月1日ダイヤ改正の概要。南町田グランベリーパークに全急行停車

異例の火曜日ダイヤ改正

東急電鉄が田園都市線・大井町線のダイヤ改正を実施します。改正日は2019年10月1日。南町田駅を「南町田グランベリーパーク駅」と改称し、全ての急行が停車します。

南町田グランベリーパーク駅に全列車停車

田園都市線の急行は、現在、土休日のみ南町田駅に停車しています。10月1日ダイヤ改正にあわせ、同駅を「南町田グランベリーパーク駅」と改称。平日も含め全ての急行が同駅に停車します。これにより、南町田グランベリーパーク駅を通過する定期列車はなくなります。

また、準急は、これまで長津田~中央林間間のうち南町田のみ停車でしたが、ダイヤ改正後は、同区間の全ての駅に停車します。準急は、長津田~中央林間で各駅に停まるということです。

東急田園都市線停車駅変更
画像:東急電鉄プレスリリース

長津田~中央林間間では、準急の停車駅を増やしたことと引き換えに、各駅停車は削減となります。日中時間帯に運転されている中央林間駅折返しの各駅停車の一部列車(毎時2本)が、長津田駅折返しに変更となります。

ダイヤ改正後の南町田グランベリーパーク駅と、つくし野、すずかけ台、つきみ野駅の日中の運転本数は以下の通りです。

東急田園都市線ダイヤ改正
画像:東急電鉄プレスリリース
東急田園都市線ダイヤ改正
画像:東急電鉄プレスリリース

大井町線急行が中央林間に

大井町線急行にも変更があります。大井町線急行は、現在、全列車が長津田駅折り返しとなっていますが、ダイヤ改正後は、一部列車が中央林間駅まで直通します。平日・土休日ともに、日中時間帯の毎時2本が中央林間発着となります。

また、平日18時台以降に大井町駅を発車する長津田行の急行を3本新設します。この時間帯における大井町発長津田行の急行は現行の10本から13本となります。うち5本が「Qシート」サービスを実施します。「Qシート」サービスの列車本数に変わりはありません。

大井町線ダイヤ改正
画像:東急電鉄プレスリリース

消費税増税にあわせ

前述したように、ダイヤ改正と同時に、南町田駅は「南町田グランベリーパーク駅」と駅名を改称します。南町田駅周辺では、旧グランベリーモール跡地と鶴間公園で再開発を進めており、新たにできる「南町田グランベリーパーク」のまちびらきは、2019年11月13日と発表されました。

南町田グランベリーパーク駅
画像:東急電鉄プレスリリース

「南町田グランベリーパーク」のまちびらきより1か月半も前に、駅名変更とダイヤ改正を行うわけです。しかも、ダイヤ改正が行われる10月1日は火曜日です。一般的に、ダイヤ改正は土休日に行われることが多く、週半ばに改正日を設定するのは珍しいことです。

にもかかわらず10月1日を駅名変更、ダイヤ改正日としたのは、消費税増税の実施日だからでしょう。同日には駅の運賃表などを書き換えなければなりません。このときに、駅名やダイヤの変更作業を、全てひとまとめにしてしまおう、ということのようです。(鎌倉淳)