ホーム 新規就航 新千歳~シドニー直行便がつ...

新千歳~シドニー直行便がついに登場。「ニセコ人気」でカンタス航空が冬季限定運航

12年ぶり豪州・北海道路線

オーストラリアのカンタス航空が、新千歳~シドニーの直行便を開設します。2019年12月~2020年3月までの冬季限定で、ニセコを初めとする北海道のスキーリゾート人気に対応するものです。

12月から3月まで週3便

カンタス航空の新千歳~シドニー線は、2019年12月16日~2020年3月28日の運航。月・水・土曜の週3便です。

オーストラリアではニセコやルスツなど、北海道のスキーリゾートの人気が高まっており、需要が見込めると判断しました。

新千歳とオーストラリアを結ぶ定期航空路線の運航は、同社が2007年3月に新千歳~ケアンズ線から撤退して以来12年ぶり。新千歳~シドニー線は、初めての就航です。

運航スケジュールは以下のとおりです。

■カンタス航空 新千歳~シドニー線時刻表
QF40 新千歳20:05→シドニー09:05(月・水・土)
QF39 シドニー09:30→新千歳18:35(月・水・土)
※2019年12月16日~2020年3月28日運航

カンタスA330-200
画像:カンタス航空

年間50万人が来日

運航時間は約11時間。機材はエアバス A330-200型機を使用します。座席数は251席です。運賃は片道89,000円~。

カンタス航空によりますと、過去5年間でオーストラリアから日本への旅行客は2倍以上増加し、過去12か月間だけで50万人近くのオーストラリア人が日本を訪れているとのこと。今後、日本ではオリンピックなど国際的なスポーツイベントが開催される予定もあり、日本の旅行人気は続くと予想しています。

新千歳~シドニー線の就航によって、カンタス航空は日豪間で5路線を運航することになります。