渋谷~成田空港の格安バス「LCB」の時刻表と価格。8月1日運行開始!

片道1,900円

東京空港交通と東急バスは、渋谷~成田空港間に、片道1900円という格安バスLCB(ローコストバス)を運行します。時刻表など詳細を見てみましょう。

広告

リムジンバスと東急バスが運行

東京空港交通(リムジンバス)と東急バスが運行を開始するのは、渋谷駅前の「渋谷フクラス」と成田空港を結ぶ高速路線バスです。価格は片道1,900円。「リムジンWEB」での事前決済なら1,500円と、従来のリムジンバスに比べて格安な価格設定となっています。

■「渋谷駅~成田空港線」運賃
現金・交通系ICカード 片道 大人1,900円 小児 950円
事前WEB決済割引 片道 大人1,500円 小児 750円(※渋谷発)

片道の所要時間は約1時間40分。運行本数は1日3往復と少なく、やや実験的なスタートです。時刻表は以下の通りです。

渋谷・成田空港格安バス時刻表
画像:東急バスプレスリリース

広告

渋谷駅アクセスも便利

渋谷側ののりばとなる「渋谷フクラス」は、旧東急プラザ跡地に開業した複合施設です。1階にバスターミナルがあり、渋谷駅西口から徒歩約1分と鉄道との乗り換えにも便利です。のりばに隣接している観光支援施設「shibuya-san」では、渋谷の観光案内や手荷物預かりなどのサービスもあります。

渋谷~成田空港のリムジンバスは、新型コロナ禍前までは、セルリアンタワー、エクセルホテル、渋谷フクラスの3箇所を発着地として、運賃3,200円で運行をしていました。新型コロナの影響で運休中ですが、これを値下げして3往復のみ、渋谷フクラス発着に絞って復活させる形です。

東急バス
画像:東急バスプレスリリース
広告

メトロ・京成よりは高いけれど

渋谷~成田空港間の鉄道での最安値は、東京メトロ半蔵門線と京成押上線・本線を押上で乗り継ぐルートで、1,240円。成田スカイアクセス線のアクセス特急を使えば1,400円です。

東急バスの「渋谷駅~成田空港線」は、これより高いですが、成田エクスプレスの3,250円に比べれば格安です。乗り換えなしの着席保証ですから、荷物の多い客には便利でしょう。

3往復だけでは、正直、あまり使いやすいとはいえませんが、今後の増便を期待したいところです。

成田空港アクセスが低価格化

リムジンバスは、池袋~成田空港間でもウィラーなどと共同で格安バスLCBの運行を開始します。こちらの運賃も1,900円です。

これまで片道3,000円以上が相場だった山手線西側の成田空港アクセスバスが2,000円程度になるわけです。成田空港に国内線LCCが定着してことにあわせて、アクセスバスの低価格化が進んできた形です。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事「ローカル路線バスの旅 陣取り合戦」第8弾 八戸~弘前を分析する。がっぷり四つの好勝負
次の記事「サイコロきっぷ」の研究。フリーきっぷと組み合わせ、鉄道・バスを乗り歩く!