青春18きっぷ、青森~函館の乗り継ぎに変化。2022年3月改正、下りは改善、上りは改悪

大勢に影響なし

2022年3月ダイヤ改正で、青春18きっぷ北海道新幹線オプション券を利用した青森~函館間の乗り継ぎに変化があります。下りで乗り継ぎが改善する一方、上りは改悪となっています。

広告

青森~函館間のオプション券

「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」は、青春18きっぷで青森~函館間を旅行する際に利用するきっぷです。青春18きっぷ利用者に限り、奥津軽いまべつ~木古内間の北海道新幹線と、木古内~五稜郭間の道南いさりび鉄道を利用できます。価格は2,490円です。

2022年3月12日ダイヤ改正で津軽線の列車時刻が変わり、「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を使う場合の乗り継ぎにも変化がありました。その時刻表は以下のようになります。

津軽線

「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」乗り継ぎ時刻表

2022年3月ダイヤ下り(青森→函館)

◇第1乗り継ぎ
青森06:16→06:58蟹田07:07→07:29津軽二股/奥津軽08:12→08:46木古内09:13→10:13函館(3時間57分)

◇第2乗り継ぎ
青森11:01→11:38蟹田11:44→12:06津軽二股/奥津軽14:15→14:49木古内15:19→16:22函館(5時間21分)

◇第3乗り継ぎ
青森15:31→16:08蟹田16:12→16:34津軽二股/奥津軽17:01→17:35木古内19:15→20:16函館(4時間45分)

■現行ダイヤ(参考)
◇第1乗り継ぎ
青森06:16→10:13函館(3時間57分)

◇第2乗り継ぎ
青森11:01→16:22函館(5時間21分)

◇第3乗り継ぎ
青森13:23→20:00函館(6時間37分)

◇第4乗り継ぎ
青森15:31→21:45函館(6時間14分)

広告

2022年3月ダイヤ上り(函館→青森)

◇第1乗り継ぎ
函館06:50→07:54木古内09:48→10:22奥津軽/津軽二股12:56→13:57青森(7時間7分)

◇第2乗り継ぎ
函館10:34→11:37木古内13:01→13:35奥津軽/津軽二股15:10→15:33蟹田16:25→17:13青森(6時間39分)

◇第3乗り継ぎ
函館13:36→14:36木古内15:01→15:35奥津軽/津軽二股18:04→18:27蟹田19:03→19:40青森(6時間4分)

■現行ダイヤ(参考)
◇第1乗り継ぎ
函館06:50→13:57青森(7時間7分)

◇第2乗り継ぎ
函館13:35→17:13青森(3時間38分)

※奥津軽=奥津軽いまべつ。奥津軽いまべつと津軽二股は隣接。

広告

下り第3と第4が統合。

2022年3月ダイヤ改正で大きく変わるのが、下りの第3乗り継ぎです。青森15時31分発の列車に乗ると、現行ダイヤで函館に21時45分に到着するところ、新ダイヤでは20時16分に到着できます。

これは津軽線のダイヤ改正により蟹田での接続が改善し、奥津軽いまべつで1本前の新幹線に乗れるためです。木古内での1時間40分待ちが長いですが、それでも合計4時間45分で青森→函館間を旅行できます。

これにより、現行ダイヤの第3乗り継ぎと第4乗り継ぎが統合される形になり、下りの乗り継ぎは合計3パターンになります。

新ダイヤの第3乗り継ぎでは、函館の夜の到着時刻が早くなり、夕食を取る時間に余裕ができそうです。ただ、函館より先に行こうとしても、五稜郭乗り換えで森まで行くのが精一杯で、本州~北海道の旅行者の大勢に影響はなさそうです。

上り最短乗り継ぎが実現不能に

一方、上りでは、最短だった第2乗り継ぎ(3時間38分)が、実現できなくなっています。これは、津軽線のダイヤ改正で、津軽今別での接続が悪化したためです。

青森に17時13分に着くためには、函館を10時34分に出なければならなくなりました。函館を13時34分に出た場合、青森着は19時40分になってしまいます。現行の第2乗り継ぎのパターンで、函館発をほぼ同じにすれば青森着が遅くなり、青森着を同じにすれば函館発が早くなる、というわけです。

新ダイヤで、上り乗り継ぎはいずれも6時間以上かかることになります。青春18きっぷを使っての、上り津軽海峡越えは不便になってしまいます。

広告

大勢に変化なし

2022年3月ダイヤ改正で、青春18きっぷ北海道新幹線オプション券を使った乗り継ぎは、下りで多少の改善があったものの、上りは最短乗り継ぎがなくなってしまい、改悪となってしまいました。

ただ、これまでの上り最短乗り継ぎは、函館~青森間の所要時間が3時間38分と短いものの、前後の列車接続が悪く、青春18きっぷで当日移動できるのは長万部~羽後本荘・湯沢間にとどまっています。そのため、北海道~本州の旅行の使い勝手は悪く、利用している人は少なかったように思えます。

ということで、今回のダイヤ改正による青春18きっぷの津軽海峡乗り継ぎの変化は、旅行者にはあまり影響がなさそうです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事ローカル線、輸送密度2000人以下で法定協議か。国交省「地域モビリティ検討会」資料を読み解く
次の記事青春18きっぷ、1日でどこまで行ける?【2022年版】東京、名古屋、大阪発を全検証