西九州新幹線の時刻表、料金、車両など概要。「長崎新幹線」2022年9月23日開業!

新大阪~長崎間最速3時間59分

西九州新幹線の料金、時刻表などの情報が出揃いました。いわゆる「長崎新幹線」が2022年9月23日に開業します。概要をまとめてみました。

広告

武雄温泉~長崎間66km

西九州新幹線は、佐賀県の武雄温泉と長崎県の長崎駅を結ぶ66kmの新幹線です。かつては「長崎新幹線」「九州新幹線長崎ルート」などと呼ばれていましたが、開業に先立ち「西九州新幹線」が正式名称となりました。

途中、嬉野温泉、新大村、諫早の3駅を設置します。運行する列車名は「かもめ」です。「かもめ」は武雄温泉で、博多~武雄温泉間を走る在来線特急「リレーかもめ」と対面のホームで接続します。

発表された時刻表によりますと、博多~長崎間の所要時間は最速で1時間20分。多くの列車で、1時間30分程度です。新大阪~長崎間は最速で3時間59分。多くの列車で4時間20分程度です。

西九州新幹線N700S
画像:JR九州プレスリリース
広告

乗り継ぎパターン例

新大阪を始発、午前中、最終で出発した場合の、乗り継ぎパターンを示してみます。

新大阪始発
新大阪06:00→(みずほ601)→08:28博多08:54→(リレーかもめ13)→09:57武雄温泉10:00→(かもめ13)→10:31長崎[所要時間4時間31分]

新大阪午前発
新大阪10:06→(さくら551)→12:42博多12:54→(リレーかもめ29)→13:55武雄温泉13:58→(かもめ29)→14:28長崎[所要時間4時間22分]

新大阪最終
新大阪19:23→(のぞみ51)→21:51博多22:07→(リレーかもめ65)→23:09武雄温泉23:12→(かもめ65)→23:39長崎[所要時間4時間16分]

乗り継ぎパターンにもよりますが、新大阪~長崎間の所要時間はおおむね4時間10~20分程度となります。

新幹線で4時間あまりというのは、東京~新山口、新函館北斗間と同じくらいです。途中に乗り換えを2度挟むことを考えると、大阪~長崎間の旅行で新幹線が主流になるのは難しそうです。

西九州新幹線
画像:JR九州
広告

運行本数と停車駅

西九州新幹線の定期列車の運行本数は1日47本です。日中時間帯はおおむね毎時1本で、朝夕は毎時2本です。

47本のうち、3本(下り2本、上り1本)は新大村~長崎間の区間運転で、通勤・通学需要に対応します。

最速列車は武雄温泉、諫早、長崎のみ停車で、1日7本が設定されます。さらに新大村駅に停車する列車が1日12本、全駅停車が1日25本です。

諫早は全列車停車、新大村もほとんどが停車、嬉野温泉は半分くらいが停車、とみておけばいいでしょう。嬉野温泉は、2時間くらい列車間隔が空く時間帯があります。

西九州新幹線停車駅
画像:JR九州プレスリリース
広告

運賃と料金

西九州新幹線の特急料金は、博多~長崎間で自由席が2,660円、指定席(通常期)が3,190円です。運賃を含めた総額では、博多~長崎間の自由席が5,520円、指定席(同)が6,050円となります。現行より460円の値上げです。

西九州新幹線料金表
画像:JR九州プレスリリース

この値上げ幅は、新大阪~長崎間でも変わらないので、新大阪~長崎間の運賃・料金の総額は20,220円(指定席・通常期)になります。

簡単にいうと、大阪や博多から長崎に向かう場合、西九州新幹線の完成により、特急料金が460円値上がりして、乗り換えが1回増え、20~30分程度の時間が短縮される、ということです。

20~30分の時短に対して460円の対価は相応に思えますが、乗り換えが1回増えることをどう受け止めるかは、人により異なるでしょう。

広告

西九州新幹線「かもめ」の車両

西九州新幹線「かもめ」の車両は、最新鋭N700Sの6両編成です。1号車~3号車が指定席、4~6号車が自由席です。

指定席は2×2の4列シート。自由席は2×3の5列シートです。指定席の定員は158人、自由席は233名で、総定員は391名となります。

座席にはモバイル用コンセントを設置し、無料Wi-Fiも装備。多目的室や多機能トイレも備えます。車内販売はありません。

西九州新幹線N700S室内
画像:JR九州
広告

在来線「リレーかもめ」の車両

在来線区間の博多~武雄温泉間を走る「リレーかもめ」の使用車両は885系6両編成、または787系8両編成です。

また、博多~佐世保・ハウステンボス間を走る在来線特急「みどり」「ハウステンボス」の一部列車も、武雄温泉駅で西九州新幹線と接続します。その愛称名は「みどり(リレーかもめ)」「ハウステンボス(リレーかもめ)」となります。使用車両は885系6両編成、または783系8両編成です。

885系は「白いかもめ」として親しまれてきましたが、今後は「白いリレーかもめ」や「白いみどり」として運行することになります。885系の投入により、「みどり」の最速列車は博多~佐世保間を1時間34分で結び、これまでより9分短縮します。

特急かもめ885系

広告

「リレー方式」はいつまで続く?

西九州新幹線の開業は2022年9月23日です。この日から、博多~長崎間を武雄温泉で乗り継ぐ「リレー方式」が始まるわけですが、この状況がいつまで続くかは見通せません。

新幹線の断絶区間となる新鳥栖~武雄温泉間にも新幹線を建設する構想はあるものの、地元の佐賀県が建設を求めていないため、今のところ実現のメドは立っていません。

新幹線は建設決定から開業まで15年程度はかかるので、仮に今すぐ佐賀県が建設に同意したとしても、完成するのは2030年代後半。少なくとも、それまでは「リレー方式」が続くことになります。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事宗谷線抜海駅、2023年春で廃止も。稚内市が維持費用の負担取りやめへ
次の記事新幹線で東京~博多を格安旅行する方法【2022年版】格安チケット、割引きっぷを全網羅