JR東海も普通回数券を廃止へ。ポイント還元の発表なく

JR東日本と同日に

JR東海は在来線の普通回数券の発売を2022年9月末で終了すると発表しました。代替サービスは発表されておらず、ポイント還元などの施策はないようです。

広告

JR東日本と足並み揃え

JR東海は普通回数券について、障害者向けと通学向けを除き、2022年9月末を以て販売を終了すると発表しました。JR東海とJR東日本のエリアにまたがる区間の回数券も廃止します。

鉄道各社の普通回数券は、10回分の金額で11回乗車できるしくみが一般的です。昭和時代から続くベーシックな割引きっぷですが、近年は鉄道各社で廃止の動きが強まっていて、同じ2022年9月末には、JR東日本も普通回数券の販売を終了します。

JR東日本はSuicaを使って同じ運賃区間で月内に10回乗車すれば1回分のJRE POINTを還元する「リピートポイントサービス」を開始していますが、JR東海は同種のポイントサービスの発表はありません。

JR東海では2022年3月に新幹線の指定席回数券も発売を終了してします。同社の回数券は、新幹線の自由席や在来線特急向けなどが残るのみとなります。

JR東海313系

広告

上場4社でほぼ廃止

普通回数券は、JR九州が2021年6月に管内全区間で、JR西日本が2021年9月に主要区間で廃止しています。JR東日本とJR東海が2022年9月に廃止することで、JR上場4社から普通回数券がほぼ姿を消すことになります。

JR西日本のICOCAエリア外にかかる区間のみ販売が継続されますが、これもいつなくなってもおかしくないでしょう。JR北海道とJR四国は、いまのところ販売終了の情報はありません。

広告
関連広告
前の記事新幹線で東京~博多を格安旅行する方法【2022年版】格安チケット、割引きっぷを全網羅
次の記事伊豆半島縦断バス「天城峠線」に乗ってみた。修善寺~河津、1時間半の旅