ホーム 新幹線・特急 新宿発「日光夜行号」の時刻...

新宿発「日光夜行号」の時刻表。東武スペーシア車両で運転

浅草発も設定アリ

シェア

東武鉄道とJR東日本では、JR新宿駅発の臨時夜行列車「日光夜行号」を運転します。スペーシア車両を使った、ハイカー向けの団体専用列車です。

広告

初の新宿発「日光夜行号」

東武鉄道では、これまで浅草~東武日光間に「日光夜行号」を、初夏と秋に運転してきました。2018年秋は、その運転区間を拡大し、初めてJR相互直通運転を活用して新宿発の列車を設定します。

運転日は2018年10月5日(金)と10月12日(金)です。JR新宿発・東武日光行きの臨時夜行列車「日光夜行号」を運転します。

使用車両は東武鉄道100系「スペーシア」です。時刻表は以下の通りです。

■新宿発「日光夜行号」時刻表
新宿22:45→池袋22:52→大宮23:25→東武日光02:26着

東武日光到着後も、3時30分頃まで、車内で仮眠ができます。

100系スペーシア

団体専用列車

「日光夜行号」は団体臨時列車で、駅の窓口でのチケット販売はありません。利用するには、旅行会社が設定する旅行商品の購入が必要です。

旅行商品の内容は、旅行会社によって異なりますが、現地フリープラン型や、初中級向けハイキングガイド付きコースなどがあります。いずれのコースも、往復割引運賃と往復特急料金、各旅行会社が設定した行程のバス運賃などのセット販売になっています。

取扱旅行会社は、クラブツーリズム、京王観光、日本旅行、東武トップツアーズの各社です。

広告

浅草発「日光夜行号」も運転

浅草発の「日光夜行号」も、10月13日(土)、10月19日(金)、10月20日(土)に運転されます。時刻表は以下の通りです。

■浅草発「日光夜行号」時刻表
浅草23:55→北千住00:10→新越谷00:26→春日部00:42→東武日光02:16

東武日光到着後、3時半頃まで車内での仮眠が可能で、4時発の湯元温泉と丸沼高原方面への専用バスに接続します。専用バスの時刻表は以下の通りです。

・湯元温泉行きコース
東武日光04:00→中善寺温泉04:40→竜頭の滝04:55→赤沼05:00→湯元温泉05:15

・丸沼高原行きコース
東武日光04:00→中禅寺湖バスターミナル04:40~05:10(休憩)→日光白根山ロープウェイ06:30

浅草発も団体臨時列車で、乗車するには旅行商品の購入が必要です。こちらは東武トップツアーのみの扱いで、乗車駅~東武日光駅の往復乗車券、往路の特急券、湯元温泉または日光白根山ロープウェイまでの往復バス乗車券などがセットになっています。

浅草発の価格は、湯元温泉行きコースが大人7,800円、子ども5,200円、丸沼高原行きコースが大人8,500円、子ども5,600円です。(鎌倉淳)


関連記事