びゅうトラベルが未成線「長倉線ツアー」。白棚線バス乗車体験も

茂木駅のその先へ

びゅうトラベルサービスが、栃木県の未成線「長倉線」をたどるツアーを実施します。「白棚線」のバス乗車がセットのツアーもあり、「幻の鉄道」を楽しむ旅ができそうです。

広告

「長倉線」とは

「長倉線」は、現在の真岡鐵道茂木駅から茨城県常陸大宮市長倉地区に至る約12kmの鉄道計画線です。1937年に茂木駅から下野中川駅(予定)まで約6kmの路盤工事に着工、ほぼ竣工していました。

その先、長倉地区まで約6kmの用地買収にも着手していましたが、太平洋戦争の勃発により工事は中断し、開通に至らぬまま未成線となりました。現在も、築堤やアーチ橋、トンネルなどの施設が現存しています。

地元茂木町では、長倉未成線を観光資源として活用する方針を打ち出し、2020年にモニターツアーを開始。2021年春からは、地元ガイドによる徒歩ツアーなどを実施してきました。そして、11月に、びゅうトラベルサービスとコラボしたツアーを生成します。

長倉線ツアー
画像:茂木町「幻の長倉線」公式ホームページより

びゅうトラベルのツアー

びゅうトラベルのツアーは、現在2つ発表されています。いずれも長倉線未成線を茂木駅から下野中川停車場までガイド付きで散策し、その後ツインリンクもてぎのコースウォークをするプラン(11月14日催行)と、白棚線バスに乗車するプラン(11月21日催行)です。

いずれのプランでも、ふだんは立入禁止の長倉線大峯山トンネルに入れます。東京、上野、大宮駅発着で、詳細は以下の通りです。

幻の「長倉線」・鉄道跡地散策と「ツインリンクもてぎ」でコースウォーク

■11月14日開催
※長倉線跡を歩いた後に、ツインリンクもてぎのコースウォーク体験をする。

■行程
東京駅→(東北新幹線・普通車指定席)→宇都宮駅→茂木駅→(長倉線ガイドツアー)→下野中川停車場→ツインリンクもてぎ(昼食・コースウォーク)→ホンダコレクションホール(名車見学)→道の駅もてぎ→宇都宮駅→(東北新幹線・普通車指定席)→東京駅

■価格
27,000円

【公式】幻の「長倉線」・鉄道跡地散策と「ツインリンクもてぎ」でコースウォーク

幻の未成線・長倉線ガイドツアー&バス専用線・白棚線をめぐる日帰りツアー

■11月21日開催
長倉線跡を歩いた後に、福島県・白河のバス専用路線「白棚線」の乗車体験をする。

■行程
東京駅→(東北新幹線・普通車指定席)→宇都宮駅→茂木駅→(長倉線ガイドツアー)→茂木駅→道の駅もてぎ→バス専用路線「白棚線」(往復乗車体験)→JRバス関東白河支店(連接バス見学)→宇都宮駅→(東北新幹線・普通車指定席)→東京駅

■価格
27,800円

【公式】幻の未成線・長倉線ガイドツアー&バス専用線・白棚線をめぐる日帰りツアー

太平洋戦争で

「白棚線」は、戦前に鉄道として開通したものの、太平洋戦争時に不急不要路線として休止になり、戦後も復活しなかった路線です。

太平洋戦争で鉄道としての命運を絶たれた点では「長倉線」と相通ずるところがありそう。そのため、鉄道ファンとしては、11月21日開催ツアーのほうが魅力的かもしれません。

いずれも現時点では催行未確定、空きありです。ご興味のある方は申し込んでみてはいかがでしょうか。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事全国30スキー場の共通パスが登場。「アースホッパーSNOW」はどこまでお得か。
次の記事山形新幹線「新板谷峠トンネル」は時速200キロ対応に。普通列車はどうなる?