新幹線で東京~仙台を格安旅行する方法【2022年版】格安チケット、割引きっぷを全網羅

基本はえきねっとトクだ値

新幹線で東京~仙台を安く行く方法について、2022年の最新情報を反映してまとめてみました。東北新幹線「はやぶさ」「やまびこ」の基本的な割引きっぷから、ややマニアな買い方までご紹介します。

広告

東京・仙台価格比較

最初に、東京~仙台間を新幹線で旅行する際の価格表をまとめて掲載しておきます。詳細は順に説明していきます。

東京~仙台の新幹線価格比較
きっぷ 価格
指定席通常価格(はやぶさ) 11,410円
指定席通常価格(やまびこ) 11,090円
自由席通常価格(やまびこ) 10,560円
えきねっとトクだ値10(やまびこ) 9,790円
えきねっとトクだ値15(やまびこ) 9,250円
お先にトクだ値30(やまびこ) 7,610円
お先にトクだ値35(やまびこ) 7,070円
株主優待割引(はやぶさ指定席) 6,840円
株主優待割引(やまびこ指定席) 6,650円
週末パス(片道あたり) 8,950円~
JR東日本ダイナミックレールパック 約17,000円~
JR・新幹線+宿泊セットプラン 約15,000円~

※「こまち」は「はやぶさ」と同価格、「はやて」は「やまびこ」と同価格です。

 

仙台駅

えきねっと

はじめに、東京~仙台間の指定席特急料金は、「はやぶさ」「こまち」で11,410円、「やまびこ」「はやて」で11,090円です。自由席特急料金は10,560円です。自由席が連結されているのは「やまびこ」だけです。格安チケットを探す前に、この価格を頭に入れておきましょう。

新幹線に安く乗る方法として、最初にチェックすべきなのはインターネットの割引です。東京~仙台間を結ぶ東北新幹線では、JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」で割引きっぷが発売されています。「えきねっと」は会員制ですが、年会費は無料で、クレジットカードがあれば誰でも登録できます。

「えきねっと」では、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」という割引きっぷが販売されています。「トクだ値」は前日まで発売、「お先にトクだ値」は13日前午前1時40分まで発売です。

期間限定で「お先にトクだ値スペシャル」という割引きっぷが設定されることもあり、20日前午前1時40分まで発売しています。ただし、現在、東京~仙台間で「お先にトクだ値スペシャル」の設定はありません。

東京~仙台間の普通車指定席の割引は以下のようになっています(通年同額)。

・えきねっとトクだ値10(やまびこ)9,790円
・えきねっとトクだ値15(やまびこ)9,250円
・お先にトクだ値30(やまびこ)7,610円
・お先にトクだ値35(やまびこ)7,070円

グリーン車利用の場合は、以下のものがあります(通年同額)。

・えきねっとトクだ値10(やまびこグリーン車用)13,080円
・えきねっとトクだ値15(やまびこグリーン車用)12,360円
・お先にトクだ値30(やまびこグリーン車用)10,170円
・お先にトクだ値35(やまびこグリーン車用)9,450円

東京~仙台間のえきねっとトクだ値は、基本的に「やまびこ」号にしか設定がありません。新型コロナ禍後、期間限定で「はやぶさ」「はやて」でお先にトクだ値スペシャルが設定されたこともありますが、すでに終了しています。

なお、えきねっとトクだ値は、いずれも「新幹線eチケットサービス」での扱いとなっています。インターネット(えきねっと)で購入し、交通系ICカードを登録すれば、そのまま新幹線の改札口を通過できます。紙のきっぷとして受け取って乗車することも可能です。

広告

JR東日本株主優待券

JR東日本の株主優待割引券を利用すれば、1枚につき運賃・料金が40%割引になります。

・株主優待割引(はやぶさ・こまち指定席) 6,840円
・株主優待割引(はやて・やまびこ指定席) 6,650円
・株主優待割引(自由席) 6,330円

上記の価格は、いずれも株主優待割引券を利用した場合です。株主優待割引券は金券ショップなどで購入できます。現在は1枚3,500円程度で入手可能です。

株主優待割引券を3,500円で入手した場合、「はやぶさ」「こまち」指定席が10,340円、「はやて」「やまびこ」指定席が10,150円、「やまびこ」自由席が9,830円となります。

この場合、定価よりは安いですが、「えきねっとトクだ値」よりは高いです。乗車日当日の購入でも割引が受けられますので、「えきねっとトクだ値」が買えなかったら、金券ショップで株主優待券を買ってみるのもいいでしょう。

広告

金券ショップの格安チケット

新幹線に安く乗る方法として、金券ショップで「格安チケット」を探す人もいるかもしれません。

以前は、金券ショップで指定席回数券が「格安チケット」としてばら売りされていましたが、東北新幹線の回数券は2021年6月を以て発売が終了しています。そのため、東京~仙台間の新幹線回数券のばら売りを、金券ショップで購入することはできません。

つまり、金券ショップにいっても、東京~仙台間の「格安チケット」はありません。ただし、上述したJR東日本の株主優待券を取り扱っている店はあります。

週末パス

やや裏ワザ的ですが、土休日の2日間で完結する往復旅行なら、「週末パス」を使う方法もあります。週末パスは8,880円で、関東・南東北のJR東日本が乗り降り自由。東京~仙台間も往復できます。ただし、新幹線特急券は別に購入しなければなりません。

週末パスと正規料金の新幹線特急券を組み合わせた値段は以下の通りです。(週末パスを片道4,440円として計算)

・週末パス+「はやぶさ」「こまち」指定席 9,800円
・週末パス+「はやて」「やまびこ」指定席  9,480円
・週末パス+「やまびこ」自由席 8,950円

土日限定の往復なので利用機会は限られるものの、列車の座席数制限などはないので使いやすいでしょう。

また、週末パスは、関東・南東北のJR線乗り放題なので、たとえば発着地が東京駅や仙台駅でなく、八王子駅や横浜駅、塩釜駅といった郊外のJR駅の場合、そこまでの乗車券が不要なので、さらにおトクになります

広告

ダイナミックパッケージ

宿泊とセットで購入するなら、「JR東日本ダイナミックレールパック」も要チェックです。お好みの東北新幹線と宿泊ホテルを組み合わせて、インターネット上で予約、決済する商品です。

一般のパッケージツアーに較べると、列車やホテルの選択の自由度が高いというメリットがあります。また、JR東日本直営という安心感もあります。ネットで前日まで購入可能で、きっぷ類は当日、駅の券売機で受け取れます。選べる列車は基本的に「やまびこ」で、時間帯のいい列車には追加料金が必要です。

・新幹線指定席往復+ホテル1泊で17,000円程度~

新幹線の往復正規価格より2割程度安い価格で、宿泊がついてきます。

JR東日本ダイナミックレールパック

パッケージツアー

往復の新幹線と宿泊がセットになった旅行商品(パッケージツアー)です。日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セットプラン」などが代表的です。2名1室利用で一人15,000円程度~。1名利用の場合は、2,000円ほど高くなります。

・新幹線指定席往復+ホテル1泊で15,000円程度~

往復15,000円程度で宿泊も付いてくるのですから、価格的には「JR東日本ダイナミックレールパック」よりお得な場合があります。立地や設備のいいホテルだと少し高くなりますが、それでも18,000円程度出せば、そこそこのホテルに泊まれます。

ただし、「JR東日本ダイナミックパッケージ」よりも、列車やホテルの選択肢が少ないです。また、時間帯のいい列車は値段が少し高くなります。こちらも、選べる列車は基本的に「やまびこ」です。出発前日まで予約でき、一部は当日予約も可能です。

日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」

広告

ちなみにバスは?

東京~仙台間の場合、バスなら5時間半程度。新幹線は2時間以下なので、倍以上時間がかかりますが、乗っていて苦にならない範囲です。

JR高速バスでは、東京(バスタ新宿・東京駅八重洲南口)~仙台駅東口間の価格が3,000円~6,700円。曜日や便によって価格が変わりますが、普通の週末はだいたい5,000円台です。3列シートで快適です。昼行便と夜行便があります。

ウィラートラベルの4列シートバスなら3,000円~5,000円程度です。

ウィラートラベル高速バス

まとめてみると

東京~仙台間の割引きっぷでは「やまびこ」対象のものが多く、「はやぶさ」号に乗れる格安チケットは少ないです。

ベーシックな割引きっぷは、ネット予約で購入できる「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」です。ただし、通年で設定があるのは「やまびこ」号だけで、座席数も限定なので、時間帯の良い列車のチケット確保は簡単ではありません。

「はやぶさ」に乗れる割引きっぷとしては、株主優待割引が狙い目でしょう。JR東日本の株主優待割引券を金券ショップで3,000円~3,500円程度で購入できれば、お得でしょう。販売座席数の制限がないので、空席があれば好きな時間の列車に、直前予約でも乗車できます。

気軽に時間帯や列車を選ばずに乗れるという点で、10,560円の自由席を定価で買うのもいいでしょう。ただし、「やまびこ」号にしか乗れません。土休日の往復旅行で、在来線にも乗るのなら、「週末パス」との組み合わせがおトクです。

宿泊を伴う旅行なら、日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セットプラン」や、「JR東日本ダイナミックレールパック」も選択肢になりそうです。

日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」
JR東日本ダイナミックレールパック

広告
関連広告
前の記事函館線余市~小樽、JR北海道に運行委託も。「赤字補填されるなら検討」
次の記事名阪上野ドライブインが閉店へ。新名神開通で利用者減少