箱根登山鉄道「モハ107号」を活用したカフェがオープン

鈴廣かまぼこの里に

箱根登山鉄道の「モハ1形107号」を活用したカフェが、神奈川県小田原市にオープンします。

広告

最後の「吊り掛け式」

カフェをオープンするのは、神奈川県小田原市にある鈴廣蒲鉾本店です。同社は箱根登山鉄道最後の「吊り掛け式」電車となったモハ1形107号を、2019年7月の引退後に譲り受けていました。

モハ107号を設置したカフェは、同社が運営する小田原市の観光施設「鈴廣かまぼこの里」内に開設します。開店日は2019年9月8日で、店名は「えれんなごっそ CAFE107」です。

カフェモハ107
画像:えれんなごっそウェブサイトより

飲食スペースに

「えれんなごっそ CAFE107」では、かまぼこを洋風に調理したメニューが楽しめるほか、コーヒーや地ビール、オリジナルケーキなどを販売します。

モハ107号は飲食スペースとして活用し、利用者は車内に入ることができます。

アクセスは箱根登山鉄道風祭駅下車、徒歩約2分。小田原の新たな「鉄道名所」になりそうです。

広告
関連記事
前の記事航空各社が国内線の保安検査締切時刻を出発20分前に。利用者は気をつけて!
次の記事ピーチ、成田・関西~奄美線の時刻表。10~12月に就航