ホーム 空港 航空各社が国内線の保安検査...

航空各社が国内線の保安検査締切時刻を出発20分前に。利用者は気をつけて!

国内全空港で

JAL、ANAをはじめとする、国内航空各社が、国内線の保安検査場の通過締切時刻を出発15分前から20分前に変更します。

5分繰り上げ

JALとANAなど国内航空各社は、国内線の全空港で、保安検査場の通過締切時刻を出発20分前に変更すると発表しました。冬ダイヤが始まる2019年10月27日からです。

ANAとそのコードシェア便の羽田空港出発便に関しては、すでに実施されています。それ以外については、出発15分前だったのを、出発20分前に変更します。たとえば10時出発の飛行機の場合、9時40分に保安検査場を通過しておく必要があります。

国内線の保安検査場の通過締切時刻を出発20分前に統一するのは、JALグループの運航便とコードシェアをするフジドリームエアラインズや天草エアラインのフライト、ANAグループの運航便と、エアドゥ、ソラシドエアです。スターフライヤーは現時点で未発表ですが、追随するとみられます。

スカイマークは、すでに出発20分前締切となっています。

JALエアバスA350
画像:JAL

少し早めに空港へ

国内線保安検査の締切時刻は、かつては全国的に出発15分前が標準でした。しかし、ANAが2018年12月1日から羽田空港のみ出発20分前に変更。ANAとコードシェアをするエア・ドゥ、スターフライヤー、ソラシドエアの3社も、羽田空港については20分前になっています。

今回の変更で、主要航空会社は全空港で保安検査の通過締切時刻を出発20分前に統一します。利用者としては、今後、飛行機に乗るときは、少し早めに空港に着くよう心がけるとよさそうです。