JR京葉線「幕張新駅」は2023年春開業。駅名はどうなる?

幕張ゲートウェイ?

JR京葉線・新習志野~海浜幕張間に建設中の新駅が、2023年春に開業します。場所はイオンモール幕張新都心の目の前。駅名公募はしない方針とのことで、どのような駅名になるのでしょうか。

広告

京葉線・新習志野~海浜幕張間

JR京葉線・新習志野~海浜幕張間に設置される新駅は、通称「幕張新駅」と呼ばれています。事業を進めている幕張新都心拡大地区新駅設置協議会とJR東日本千葉支社が、開業予定時期を2023年春と発表しました。

駅舎外観やホームなどのイメージ画像も公開。駅舎は鉄骨造1階建てで、白をベースとした明るい外観です。

幕張新駅駅舎
画像:JR東日本プレスリリース

幕張新駅
画像:JR東日本プレスリリース

下り線が地上ホーム、上り線が高架ホームという珍しい構造で、南側の改札口から上り線高架下を経て下り線まで、広々としたコンコースが広がります。駅構内には多機能トイレとエレベーター1基を設置します。

幕張新駅
画像:JR東日本プレスリリース
幕張新駅構造
画像:JR東日本プレスリリース

広告

イオンモールの真ん前

駅は新習志野駅から約 1.7 km、海浜幕張駅から約 1.7 kmの位置で、両駅のちょうど中間です。

幕張新駅位置図
画像:JR東日本プレスリリース

イオンモール幕張新都心ファミリーモールのすぐ北側で、買い物客の利便性は抜群。改札口ができる駅南側に、路線バスやタクシーが乗り入れる駅前広場を整備する予定で、新駅開業と同時期の利用開始を目指しています。

幕張新駅
画像:令和2年度千葉市建築審査会議事録

概算事業費は126億円で、イオンモールが2分の1、千葉市、千葉県、JR東日本が各6分の1ずつ負担します。

駅名はどうなる?

駅名は公募せず、決まり次第JR東日本が発表するとのこと。新駅設置協議会の意向を参考にして、最終的にJR東日本が決めるという形をとるそうです。

JR東日本が決めると聞くと、山手線・高輪ゲートウェイ駅の騒動を思い浮かべてしまい、心配になります。実際、熊谷俊人・千葉市長は、同駅の駅名発表時に「なんでこんな名前にしちゃったんでしょうね」「間違っても『幕張新都心ゲートウェイ駅』にならないようお願いします」などとツイートした経緯もあります。

位置的には、新駅はたしかに幕張新都心の西の入口です。幕張新都心の中心駅は海浜幕張駅なので、新駅が「幕張新都心ゲートウェイ」となってもあながち間違っておらず、市長の心配はごもっとも。

実際のところ、同協議会はJR東日本、千葉県、イオンモールの3者が構成していますので、協議会の意向を参考にするということは、3者が話し合うことを意味します。となると、とがった駅名にはならず、無難な名称に落ち着きそう。

筆者が勝手に予想すると、「新幕張」「幕張新都心」あたりが本命で、「幕張豊砂」「幕張浜田」「幕張浜」「幕張美浜」といった地名を絡めた駅名が対抗でしょうか。

事業費の半額を負担するイオンの意向を重視するなら「幕張モール」「新都心モール」などもありかもしれません。いずれにせよ「幕張」か「新都心」の名称が含まれた新駅名になりそうですが、「イオン」は入らないと予想します。

ただし、いつものことですが、筆者の駅名予想はだいたい外れます。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事久大線は2021年春までに全線復旧へ。肥薩線は見通し立たず
次の記事航空各社の定時運航率がハイレベルすぎる件。2020年度上期、スカイマークは99%