京急「羽田空港引き上げ線」の詳細。2線300mを建設、2030年完成予定

毎時3本増発が可能に

京浜急行が、羽田空港第1・第2ターミナル駅の引き上げ線建設工事に着手しました。完成すれば、空港線の列車増発が可能になります。

広告

2線300mを建設

京急の羽田空港第1・第2ターミナル駅は、島式ホーム1面2線を備える終着駅です。列車はそれぞれのホームで折り返し運転をしていますが、同時に2本の列車しか滞留できないため、ダイヤの制約になっており、増発にも限りがあります。

そこで、京急では、ホームの奥に線路を延ばす引き上げ線を作り、列車の折り返しを可能にする計画を進めてきました。引き上げ線を作ることで、滞留できる列車の数を増やします。それにより、ダイヤに余裕を持たせることができ、増発も可能になります。

京急羽田空港引き上げ線
画像:京急プレスリリース

引き上げ線は2線で、約300mを建設します。羽田空港の京急線は、現在、第2ターミナル手前までですが、線路の延伸により、ターミナルの下を経てエプロンの下にまで達します。トンネルは高さ9.8m×幅9.0mの複合円形シールドです。

京急は品川駅ホームの2面4線化も進めており、引き上げ線の整備とあわせて、毎時3本程度の増発が可能になります。

京急羽田空港引き上げ線
画像:令和3年度羽田空港アクセス鉄道に係る技術検討委員会第2回委員会資料(国交省)
広告

エスカレーターも移設

引き上げ線建設にあわせて、第2ターミナル方面への連絡通路も改築します。改札口を出た後、ターミナル方面にエスカレーターで上がる構造ですが、このエスカレーターを蒲田寄りに移設します。

京急羽田空港引き上げ線
画像:令和3年度羽田空港アクセス鉄道に係る技術検討委員会第2回委員会資料(国交省)

この移設工事は、JR羽田空港アクセス線との接続も関係しているようです。国交省の資料によれば、この付近でJR羽田空港アクセス線駅と京急駅が接続します。

羽田空港駅改築
画像:令和3年度羽田空港アクセス鉄道に係る技術検討委員会第2回委員会資料(国交省)

この工事にあたり、駅から第2ターミナルへの連絡通路の一部を撤去します。工事期間中の歩行者の動線を確保するため、迂回のための通路を整備します。

京急羽田空港改築
画像:京急プレスリリース

工事は同社と関東地方整備局、東京航空局の3者共同で実施します。京急が線路やホームなどの鉄道施設を整備し、トンネルや付帯する通路・階段などの鉄道基盤施設は関東地方整備局が工事を進めます。完成は2030年の予定です。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事航空会社「定時運航率・欠航率ランキング」2022年版。スカイマークが5年連続定時率首位
次の記事相鉄、新横浜線定期券で、横浜駅が乗降可能に。「どっちも定期」導入へ