福鉄「越前武生」駅が新駅名を投票へ。「武生新」に戻るかも?

駅利用者が投票

福井鉄道が福武線越前武生駅の駅名を変更すると発表しました。新駅名の候補を5つ提示し、投票を実施します。懐かしい「武生新」に戻る可能性もありそうです。

広告

北陸新幹線「越前たけふ」決定で

福井鉄道は、福武線の「越前武生」駅の駅名を2023年春に変更すると発表しました。北陸新幹線の南越駅(仮称)の正式名称が「越前たけふ」駅に決定したことを受け、混乱防止のために福武線の越前武生駅の名称を変更するものです。

変更に際し、同社は新駅名の候補を5つ示し、投票を実施します。新駅名候補は以下の通りです。

1 福鉄たけふ
2 福鉄えちぜん
3 武生新
4 菊花たけふ
5 越前府中

1は、駅の立地する武生地域の名称をそのまま使用します。2は、旧武生市が現在は越前市になっていることを踏まえ、現市名を駅名に採用する形です。

3は、「越前武生」駅の旧駅名です。この駅は2010年3月までは「武生新」駅という名称でしたが、武生市と今立町の合併に伴い越前市となったことを受けて、「越前武生」駅に変更されていました。それを、元に戻すという選択です。

4は、武生で菊の栽培が盛んなことにちなんだ駅名のようです。5は、かつて越前国府が武生に置かれていたことにちなむのでしょう。

越前武生駅

駅利用者のみ投票可

投票できるのは、越前武生駅の利用者。越前武生駅窓口で用紙を受け取って、候補をひとつ選び、備え付けの投票箱に入れます。他駅窓口や電話、メール、郵送などでは受け付けません。応募期間は10月16日~11月30日です。

縁もゆかりもない鉄道ファンが押し掛けて投票するのもどうかと思いますが、運賃を支払って電車に乗って投票するのなら、増収策への協力と考えれば許される範囲なのかもしれません。投票資格に居住地の制限はありません。

駅名の決定は選定会議でおこなわれ、新駅名は2021年12月下旬に発表します。投票順で決まると明記されているわけではありませんので、投票結果は参考ということなのでしょう。

広告

予想をしてみる

では、いつものように筆者が新駅名を予想してみましょう。

この駅はJR武生駅に隣接していますので、立地を明確にするためには「武生」もしくは「たけふ」の名称が入っていたほうがわかりやすいでしょう。

となると、「福鉄たけふ」「武生新」「菊花たけふ」の三つが有力です。このうち、わかりやすいのは「福鉄たけふ」だと思いますが、昔を懐かしむ人も多いので「武生新」も健闘しそうです。お役所的には「菊花たけふ」ですが、得票率が高くないと選びにくい名称に思えます。

ということで、以下のように予想します。

本命 福鉄たけふ
対抗 武生新
穴馬 菊花たけふ
大穴 越前府中

個人の好みだけならば、「武生新」に戻って欲しいですが、どうなることでしょうか。

なお、いつものことですが、筆者の予想はたいてい外れます。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事「ローカル路線バスの旅Z 第17弾 宮古→瀬波温泉」の正解ルートを考える。やさしいけれど、難しい
次の記事高速バス新路線「柏の葉・流山~東京駅線」に乗ってみた。ローカル線並みの乗車率