東京ディズニー、チケット新価格の全詳細。10月改定、12通りに細分化

閑散期は値下げ

東京ディズニーリゾートの入園チケットの価格改定が行われます。時期により価格を細分化したのが特徴で、全体に値上げとなりますが値下げされる日もあります。詳細を見てみましょう。

広告

2021年10月1日改定

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、2021年10月1日にチケット価格を改定します。予想される混雑の状況に応じて価格を4段階に分け、入場時間別に3つの価格を設定。チケット価格は全部で12通りとなります。

最繁忙期の1デーパスポートの大人料金は9,400円。以下、混雑に応じて500円ずつ価格が下がり、最閑散期の1デーパスポートは7,900円となります。さらに、入園時間が10時30分からのパスポートは500円引き、12時からのパスポートは1,000円引きとなります。最閑散期の12時からのパスポートは6,900円になります。

新料金(円) 現行料金(円)
大人 中人 小人 大人 中人 小人
1デー
パスポート
7,900 6,600 4,700 8,200
8,700
6,900
7,300
4,900
5,200
8,400 7,000 5,000
8,900 7,400 5,300
9,400 7,800 5,600
入園時間指定
パスポート
(10:30~)
7,400 6,200 4,400 7,700
8,200
6,500
6,900
4,600
4,900
7,900 6,600 4,700
8,400 7,000 5,000
8,900 7,400 5,300
入園時間指定
パスポート
(12:00~)
6,900 5,800 4,100 7,300
7,700
6,100
6,500
4,300
4,600
7,400 6,200 4,400
7,900 6,600 4,700
8,400 7,000 5,000

 
これまでのパスポートは、平日と週末価格の2段階のみで、時間帯が3つに分けられていました。新価格では、時期を4段階に細分化しますが、3つの時間帯はそのままです。

旧価格の最高価格は週末1デーの8,700円でしたので、新価格では700円値上げです。最低価格は平日12時からの7,300円でしたので、400円値下げとなります。

広告

クリスマス時期は高く

価格が発表されている1月までについて時期の4区分を見てみると、最繁忙期(最大9,400円)は10月~12月の全週末と、クリスマス前後、年末年始(12月29日~1月2日)です。繁忙期(最大8,900円)は、10月~12月の多くの月金と冬休み期間(12月20日~1月5日)、1月の土曜日です。

閑散期(最大8,400円)は、10月~12月上旬の多くの火水木と、1月の多くの日月金です。最閑散期(最大7,900円)は、1月の多くの水木です。

東京ディズニーチケット価格表

東京ディズニーチケット価格表
画像:オリエンタルランド

気候の悪い時期は安く

この価格表を見ていると、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーが、いつ混雑するかが見てとれるという意味で興味深いです。気候のいい10月~11月は全体に混雑しやすく、寒くなる1月中旬以降は、週末でも10月の平日並みの混み具合になることがわかります。1月は土曜日と日曜日でチケット価格に差が出ていて、日曜日が安くなっているのも特徴的でしょう。

実際のところ、最近のディズニーランドは入場制限を厳しくしていますので、入ってしまえば、混み具合はどの日でもそう変わらないでしょう。全体的にみればチケット価格は値上げされていますが、気候が悪い時期には安く楽しめるという点では合理的になったといえるかもしれません。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事東武鉄道「SL大樹」に12系客車がデビュー。展望デッキあり!
次の記事「ぷらっとこだま」乗り遅れの扱い変更。JR線遅延なら当日救済へ